2019年 7月 18日 (木)

北方領土解決は「戦争しないと...」維新・丸山議員がトンデモ発言 ロシアは激怒、タイミングも最悪

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   酔っ払ったあげく、「北方領土を取り返すには、ロシアと戦争だ!」。これが飲み屋での与太話ならともかく、現職国会議員の発言だとすると話が違ってくる。

   コトの起こりは11日(2019年5月)夜。日本維新の会の丸山穂高衆院議員(35)は、「北方領土ビザなし交流の訪問団」の一員として国後島を訪問していた。

元島民に酔って「戦争賛成?反対?」と詰め寄る

tv_20190514105516.jpg

   そこで丸山議員は訪問団の大塚小彌太団長(89)に「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか」と、とんでもない質問をぶつけた。「戦争という言葉は使いたくない」という団長に「取り返せないですよね」「戦争しないとどうしようもなくないですか」と大声で畳み掛ける丸山議員。このやりとりはしっかりレコーダーに録音されていた。

   丸山議員は酒に酔っており、その後も大声で議論を続けた。丸山議員は団員らの抗議を受けて陳謝し、ロシア島民との交流会を欠席した。

   「真意ではない」「誤解」を繰り返す記者会見。過去の禁酒宣言について質問されると「選挙を経た」

   発言が公になったことで13日、丸山議員は根室市内で会見を開き、「私の不適切な発言で、島民の皆さんをはじめ多くの国民にご不快な思いをさせてしまっていることに心からおわび申し上げます」と謝罪した。

   問題となった「戦争」については、「私自身の真意ない。一般論を聞きたかった」と釈明。自分自身は戦争反対とした上で、元島民の方がどのように考えているか聞きたかったと説明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中