2019年 10月 17日 (木)

中国「熊子供」「熊家長」わがもの顔!悪質いたずら悪ガキと注意すると逆切れ母親

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   中国で新しいクマが問題になっている。クマといっても、「熊子供」「熊家長」といわれる人間である。度が過ぎるイタズラをする子どもと、子どもを注意しない親のことだ。

   監視カメラの映像によると、高級車のベンツを滑り台にして遊んだりするのは序の口だ。クレーンゲームの中に入って景品を盗んだり、車に爆竹を投げ込み全焼させたりする。命にかかわる悪質なイタズラもある。高層のマンションからコンクリートブロックを投げ落とす「熊子供」もいた。幸いケガ人はなかったが、当たったバイクはグシャグシャに壊れた。

「一人っ子政策」で甘やかされてきた親と子

tv_20190515112650.jpg

   「熊家長」も問題だ。バスの中で子どもがつり革にぶら下がって遊んでいる。運転手が「こら、ボク、座りなさい」と注意すると、一緒にいた母親が運転手に「お前に関係ないだろ」と言い返し、その場で電話でバス会社に「あなたのところの運転手、態度が悪すぎる。うちの子は吊り革で鍛えているの」とクレームをつけた。

   ショッピングセンターなのか、子どもがエレベーターのドアを蹴飛ばし壊した。しかし、母親は「エレベーターの品質に問題がある」と怒り、修理代の支払いを拒否したという。

   中国人ジャーナリストの周来友氏は「原因は、もとをたどれば中国の『一人っ子政策』だと思いますね。いまの熊子供の親が、親に甘やかされて育ったから、子どものしつけの仕方が分からない。自分の子どもが注意されても、注意した人に逆上するんですよ」と話す。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中