2020年 11月 28日 (土)

水深30メートル、沈没した船からコンコンと音が!生存者なら時間との勝負だ

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   千葉県銚子市犬吠埼沖で26日(2019年5月)、貨物船同士が衝突し、愛媛県今治市の「千勝丸」(499トン)が沈没した事故で、銚子海上保安部などは28日も潜水による行方不明者の捜索を続ける予定だ。しかし、波が高く捜索に厳しい状況が続いている。

   事故では、乗組員5人のうち、船長は救助されたものの1人が死亡、残り3人が行方不明のままだ。救助にあたったダイバーが27日、水深およそ30メートルの沈没した船内からコンコンと叩くような音を確認しており、生存者がいる可能性がある。

tv_20190528143645.jpg

沈没90時間後に救出された例も

   水難学会の斎藤秀俊会長は「水の入ってこない空気のある所にいる可能性はある。時間との勝負になる」と話す。救助方法は、全面マスクと空気ボンベを使い、ダイバーとともに浮上する方法をとると見られている。今後、海上自衛隊の潜水艦救難艇「ちよだ」も救助活動に加わる予定だ。

   過去には沈没した船内から乗組員が助け出された例もある。2009年、八丈島沖で漁船「第一幸福丸」が転覆した時には、乗組員が体力温存のために船底であおむけのまま救助を待ち、90時間後に救出された。

   司会の羽鳥慎一「すでに54時間たっています」

   青木理(ジャーナリスト)「一般的に、災害時に人間が飲まず食わずの状態で生存できる壁は72時間と言われています。今回の場合、空気の限界もあるのでさらに厳しい状況です。二次災害の危険もあるので、慎重に、かつ急がなくてはならない」

   羽鳥「真っ暗な中で非常に不安な状況だと思います」

   菅野朋子(弁護士)「体力的にも精神的にも相当強くないと...。想像を絶します」

文   ピノコ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中