2019年 10月 22日 (火)

深夜のニュース番組なのにセットはキンキラキン。女MCはまるで美人コンテスト。スポーツ担当はめちゃうるさいだけ
<news23>(TBS系)

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   鳴り物入りのキャスター登場である。つい先日まで他局の看板ニュースの顔だった女性が、サブでもないメイン司会者になったのは、如何に生き馬の目を抜く業界とはいえ、あまり好感は持てない。同じ考えの視聴者も多いと見えて、初回の視聴率はたったの4.3%であった。その人は小川彩佳。元「報道ステーション」のサブ嬢。

   ちっちゃい頃から青山学院育ちで、帰国子女で、美人で、と絵にかいたような派手めの女子アナ。筆者は彼女の眼のきつさが気になるが、ひょっとしてド近眼なのか。ジーッと睨むようなカメラ目線でおっかなかったが、今回はイヤに低姿勢で頭を下げてばかりいる。

   TBSの全体を流れるダサさやもっさりさを払拭したいのか、セットはまるでパイプオルガンの共鳴管のような、金色の棒が林立していて、キンキラキン。装飾はどうでもいいが、一番いただけないのはスポーツ担当の石井大裕。深夜なのにけたたましく煩くて、この夜の全仏オープンの後のテーマ、マラソンに関して、これもダサさにおいては人後に落ちない悪声の高橋尚子と喋りまくる。何をハシャイでいるのか。うるさくて他局にチャンネルを代えたくなった。

   1日の終りに、その日あったニュースをコンパクトに物静かに伝えてくれさえすればいいものを、何を取り違えているのか、やっぱりTBSの頭の中はダサい。もう1人の女性アナ、山本恵里伽も人形のような美人で、おいおい、この番組は美人コンテストか。(放送2019年6月3日23時~)

                  

(黄蘭)

採点:0
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中