2019年 6月 18日 (火)

高校の後輩・尾上松也とクレープ作りをする松本潤。道具の買い出しから始めたが、クレープ焼き器12万円の行方をめぐり...

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   「嵐にしやがれ」(2019年6月8日夜9時~・日本テレビ系) 歌舞伎役者・尾上松也が嵐・松本潤のコーナー「MJ倶楽部」のゲストとして出演。尾上は高校の1年後輩。中1の時に出演した舞台で偶然同じ役を演じるなど付き合いは長い。だが、ロケ仕事は初めてらしく、松本は「初めてよ。なんか気まずいもん、仕事するの」と本音を明かす。当時の尾上について「なんか感じ悪かったのよ」と松本がバラすと、「ちょっと待って。それはこっちが言いたい。どう考えてもこっちだから!」と実はお互いに印象最悪だったようだ。

   大の甘党で特にクレープに目がない後輩のため、クレープ作りを提案した松本。2人は合羽橋へ道具を買いに出かける。この企画で、松本は毎回金に糸目をつけない。今回も器具からこだわりまくる。選んだのは、コーヒーサイフォン、コーヒーミル、燃料用アルコール、コーヒーカップ2客で7万4000円と、クレープ焼き器12万円余だ。勝ったほうが支払う自腹じゃんけんで、連勝した松本が全額キャッシュでお買い上げ。多額の臨時出費を悔しがる松本に「さすがキング」とゴマすりを忘れない尾上。

2人には大ゲンカの後、号泣し合って意気投合した過去が

   そんな2人には大ゲンカした過去があった。尾上が「乾杯したグラスが俺より上か下か、というケンカをした」と明かすと、松本が真相を語りだす。実は松本の同級生の三宅君を巡ってのいさかいだった。お互いが仲の良さを張りあって口ゲンカに。松本の親友、中村七之助が止めに入り、仲間への思いの深さを熱く語り、お互いを認め合い、号泣し合って、意気投合したという。以来、関係は良好のようだ。

   クレープ作りでは、動画を毎晩見てイメージトレーニングした尾上が見事な腕前を見せる。口の周りを生クリームだらけにしてほおばる尾上、「こんな幸せあります?溺れそうだもん」とニヤニヤすると、松本「まず口を拭け」と遠慮がない。ひと手間かけたコーヒーの味も絶品で、2人は大満足。だが、最後で問題発生。

   このクレープ焼き器は尾上にプレゼント、自宅で気の済むまで作ってもらおうと選んだもの。だが、自家製クレープが気に入ったらしい松本、あっさり翻意。「俺が持ってて、使うたんびにリースで、1回1万円」「は?高くね?」「高くなくねえ。12万円だよ」と悪魔の宣告。「12回以上借りたらやるよ」と譲歩したが、それでは買うのと同じことになる。「じゃ、くれ、もう最初から」と引かない尾上。かわいい後輩をいじりまくってご満悦の松本だった。

   知央

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中