2020年 11月 28日 (土)

サルも長梅雨で腹ペコ?晴れ間狙って大群で家庭菜園の夏野菜食べつくし―静岡・浜松

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   20日(2019年7月)ころから、静岡県浜松市の住宅街に20~30匹の野生のニホンザルの群れが現れ、警察も出動する騒動となっている。映像を撮影した高校生の二橋颯さんは「大群でいるのは見たことがないです。野生で何をしてくるかわからないので怖かったです」と話す。別の住民も「初めて見た。サル山にいるみたいでした」という。

   きのう23日、斎藤寿幸リポーターは取材中にサルの群れに遭遇した。「いた、いた。こっちにもいる。民家の2階がサルに占拠されています」

   赤ちゃんを抱えた母ザルや子ザルなどもいて、住宅街を走り回る。電線をサーカスのようにつたって歩いたり、民家の屋根によじ登ったりとやりたい放題だ。斎藤が近づくと、鳴き声を上げて威嚇する。

   この事態に警察官も出動し、「できるだけ網戸にしないで鍵をかけてください」と住民に注意を呼びかけていた。

ナスもトマトもカボチャもみんなやられた
tv_20190724133133.jpg

   サルの狙いは、畑や各家庭の庭になっている夏野菜だったようだ。「カボチャをとろうと思って来たら、5つあったのに何もなくなっていた」と高齢の女性は困り顔だ。家の裏には、かじりかけのカボチャとナスが転がっていた。

   夏野菜の収穫を楽しみにしていたという親子は「トマトもたくさんなっていたけど、下に落ちています。ナスはもうすでにない。取られましたね」

   庭のブドウが被害にあった女性は、「親ザルは、パンと手をたたいても逃げないんですよ。向かってくるような感じで危ないと思いますね」と話していた。

   サルの大群が出現するのは激しい雨が降った翌日だ。サルの生態に詳しい東洋大学の室山泰之教授によると、サルは雨に濡れることを嫌うため、強い雨の時はエサをとりにいかない。雨が上がった後、エサがある場所を知っているサルがいると、みんなを先導して栄養価の高い野菜を狙いに来るのだという。

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「サルは濡れるのが嫌なんですね」

   浜田敬子(「ビジネスインサイダージャパン」統括編集長)「ここにエサがあるとサルが覚えてしまったので、これから網を張るなど対策が必要ですね」

   司会の羽鳥慎一「常態化すると心配です」

文   キャンディ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中