2020年 11月 28日 (土)

どうした「いだてん」?史上最低5%台に陥落! 物語はロス五輪の痛快な大活躍にさしかかるのに...

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   ついに史上最悪の5%台にまで陥落!NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」の第30回が、11日(2019年8月)に放送されたが、関東地区の平均視聴率が大河ドラマ史上最低の5・9%だったことが13日、ビデオリサーチの調べでわかった。5%台(関東地区)は大河ドラマ史上初めてだ。

次回は日本競泳陣がロス五輪で大旋風、空前のメダルラッシュに

   第30回は、念願のロス五輪が開幕し、のちに「前畑頑張れ!」で歴史の名を残すアナウンサーの河西三省(トータス松本)はレースの実況中継に気合が入るが、大会運営側から妨害にあう。田畑政治(阿部サダヲ)らが実況中継の代わりにレースの模様を放送する奥の手を考える。一方、加納治五郎(役所広司)はIOC総会で東京五輪招致の立候補を表明するが、9都市がエントリー済みという絶望的な状況に。そこへ、ムッソリーニとヒトラーという2人の独裁者の思惑がからんで...という、やや政治的でごちゃごちゃした内容だった。

   次の31回(8月18日)では、200メートル平泳ぎの前畑秀子(上白石萌歌)をはじめとする、田畑率いる日本競泳陣がロス五輪で大旋風を巻き起こし、空前のメダルラッシュに、という痛快な展開が待っている。物語はこれから面白くなるのだが、「いだてん」の熱気が冷めなければいいが......。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中