2020年 11月 28日 (土)

立ち入り禁止・採取禁止無視!千葉・船橋「違法貝採り」注意されても開き直り「みんなやってる」

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   千葉・船橋市の三番瀬海浜公園の立ち入り禁止区域に入り込み、貝を採る違法者が後を絶たない。「モーニングショー」が取材に出かけた時も、「立入禁止 水難事故多発」の大きな看板はまったく無視。柵を乗り越え、ネットをすり抜け、砂浜に下りる脚立まで用意して、首まで海水につかりながら貝採りに夢中の人たちが、ざっと数十人はいる。

   網袋に貝を詰め込んで上がってきた人に「立入禁止ですよ」と声をかけると、「みんでやれば怖くないので入った。これカキね、これがホンビノス」と、まったく悪びれる様子はない。

   岩場からカキを剥がす行為は、千葉県海面漁業調整規則で禁止されており、1000~1万円の過料なのだが、違法という自覚もないらしい。岩場のカキの採取は中国人に多いという。

法律・条例改正で徹底的に取り締まれ!

tv_20190822150509.jpg

   ここが立ち入り禁止になっているのは、水難事故が絶えないからだ。今月1日(2019年8月)にも、貝を採っていた60代男性が100メートル沖まで流される事故があった。昨年9月には男女2人がおぼれて水死、過去7年の間に10件の水難事故が発生し5人が死亡している。

   高木美保(タレント)「見ていて、やるせなくなってきますよね。何度も危険ですよと注意されてもやるんだから・・・。法律や条例を変えるなどして、禁止区域に入った人には、罰金とか全部没収とか、自分たちのフトコロが痛む状況にならないと止めないでしょうね」。

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「自分たちが食べる量以上に採っていから、店に出されたらと思うと、カキなんかは怖いですよ。貝毒は火を通しても安全でないものがある」

   番組の映像では顔をボカしてあるのだが、違法行為の現行犯なのだから、ハッキリと顏を出して放送したらどうか。

文   モンブラン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中