2019年 11月 20日 (水)

夏疲れ解消しダイエット効果も! しょうがの栄養を「スーパーウルトラ蒸ししょうが」で効率よく摂ろう

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   きょう3日(2019年9月)の「クイズとくもり」コーナーは「しょうが」がテーマだった。

   夏の疲れが出るこの時期、積極的に食べたいのがしょうがだ。長年しょうがの健康効果を研究してきた医学博士の平柳要さんは「夏の終わりの胃を快調にしたり、夏バテもしょうがが解消してくれます」という。

   秘密は「ショウガオール」という成分だ。血行を促進させて夏疲れのダルさがすっきりし、脂肪燃焼を促すのでダイエット効果も期待できる。

   このショウガオール、実は生のしょうがには含まれない。元は「ジンゲロール」という成分で、加熱や乾燥させることでショウガオールに変化する。

脂肪燃焼を促す「ショウガオール」が圧力鍋で20倍に

   ショウガオールを効率的に摂るために平柳さんが勧めるのが、「スーパーウルトラ蒸ししょうが」。圧力鍋を使うのがポイントだ。

   一般的な蒸し器は100度ほどの温度で蒸すが、それではショウガオールはほとんど増えない。圧力鍋は中の温度が120度ほどの高温になり、100度で蒸すよりもショウガオールが20倍にもなる。126度の高温で加熱できる、140キロパスカルの圧力がかかる圧力鍋がベストだ。

   高温ならいいというわけではない。ショウガオールは150度以上になると壊れてしまうので、揚げたり炒めたりはNGだ。

   まず、しょうがは皮をむかず、厚さ1ミリほどにスライスする。蒸す水は、焦げ付かないようたっぷりめの500ミリリットル使う。

   しょうが同士が重ならないよう圧力鍋に並べ、火にかけて沸騰したら弱火で30分じっくり蒸す。

   蒸し終わったらざるにあげ、カラカラになるまで乾燥させる。天日干しなら1日、室内干しなら7日が目安だ。乾燥後は1か月ほど日持ちする。

   ミルなどで粉末にすると、いろんな料理に小さじ3分の1加えるだけで十分なショウガオールが摂れる。

   スーパーウルトラ蒸ししょうがを1グラム入れたお吸い物を試食したしずちゃん(お笑い芸人)は「めっちゃおいしいですね。普通に合いますね」。

   博多大吉キャスター「口の中がちょっと熱い気がする。しょうが来ますね」

   副島淳リポーター「僕も30分前くらいに飲んだんですけど、暑いです。お腹の中がすごく燃焼してるというか、ポカポカになるんです」

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中