2019年 11月 20日 (水)

史上初のマラソン一発勝負「MGC」、コラボ中継のTBS・NHK合わせて視聴率30%、まずは成功

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   男女上位2人が2020年東京五輪の代表に内定する、史上初めて「一発勝負」でマラソン代表選手を選考する「マラソン・グランド・チャンピオンシップ(MGC)」が15日(2019年9月)に開催され、男子を中継したTBSの平均視聴率が16・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)、女子を中継したNHKが13・5%(同)だったことが17日に分かった。

   ともに二桁の数字で、合わせると約30%だ。日曜の午前中としてはかなりの好成績といえる。

両局のアナが互いに「出張」、男女レースの経過を報告

   今回、TBS系列が男子、NHKが女子を同時生中継し、スタート前には同じ映像を使う異例のコラボが実現した。NHKの副音声実況を担当する嵐の相葉雅紀とTBS実況の安住紳一郎アナが並んで進行するレース紹介を数分間放送した。またTBS伊藤隆佑アナとNHK小宮山晃義アナが、それぞれ相手局に出張する形で、自局担当の経過を随時報告した。 マラソンの代表選考のあり方だけでなく、テレビ界のスポーツ報道のあり方にとっても異例の試みは、ひとまず成功した形だ。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中