2019年 11月 17日 (日)

自衛隊の給水車来てるのに水が配れない――神奈川県が災害派遣の要件満たしてないと拒否

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   神奈川県西部の山北町では13日未明(2019年10月)、台風19号で取水施設がダウンし約2500世帯が断水した。町が自衛隊に給水車の派遣を要請する可能性があるかもしれないと連絡すると、午前8ごろに3トンの水を積んで到着した。

   それ以前に、町は神奈川県に「自衛隊に内々に派遣を依頼している」と伝えていたが、県は給水車が到着してからも「公共性、緊急性、非代替性の3要件を満たしていない」と自衛隊の派遣を認めなかった。自衛隊は県知事の要請がなければ動けないため、給水せずに3トンの水を持ったまま帰っていった。県の給水車が山北町に到着したのは、その5時間後だった。

被災者より手続き優先かよ!黒岩知事「心からお詫び」

   ゲストの防災危機管理ジャーナリスト・渡辺実氏はこういう。「被災者目線で動いていないですよね。自衛隊がなぜ給水もせずに帰ったのか、疑問です。代替性がないというなら、県の給水車が来るまで代替してもよかったはずです」

   山北町の住民は「自衛隊の人は言い表せないような表情で帰っていった」と残念がる。湯川裕司町長は「町民は水を求めているのだから、そこにある水だけは使わせてほしかった」と語った。

   高木美保(タレント)「手続きが間違っていたとしても、困っている人がいるなら水を配るべきでしょう。指揮系統の検証が必要」

   渡辺氏「自衛隊の給水車が現着しているのだから、プロセスはともかく、目の前の困った人を助けるべき。自衛隊は断腸の思いで帰還したと思う」

   自衛隊も帰ったりせず、県の拒否など無視して町民を優先すべきだったのではないか。ここも命令がないと動かない硬直がある。

   神奈川県の黒岩祐治知事は「心からお詫びしたい。もっと柔軟な対応もありえた」と謝罪した。

文   バルバス
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中