2019年 12月 16日 (月)

三原じゅん子議員、テレ朝に「許しがたい侮辱発言!」と怒りのツイート。首相の「桜を見る会」に母親出席を批判されて

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   参院議員の三原じゅん子議員(自民党)が12日(2019年11月)、ツイッターを更新して、同日に放送したテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」中でのコメントについて「許し難い侮辱発言」「厳重に抗議します!」とつぶやいた。

   「モーニングショー」ではこの日、安倍首相が行う「桜を見る会」を特集。公費が使われていることや、参加者や費用が年々増加していること、そして出席者については、「各界において功績功労のあった方々を招く内閣の公式行事」なのに、自民党議員らの後援会関係者が多数出席していることを問題視した。

  • 三原じゅん子議員のツイート
    三原じゅん子議員のツイート

「三原じゅん子さんのお母さんにどういう功労があるの」

   そして、過去に三原議員の母親と叔母が出席したことを紹介して、番組レギュラーの玉川徹氏と青木理氏が「三原じゅん子さんのお母さんにどういう功労があるんだろう」などとコメントした。

   これに対して三原議員はツイッターで激怒。玉川氏らのテレビでの発言を報じたスポーツ報知のネット記事を添付し、「この件は内閣府のルールに則って、招待された人が出席したまでです」と書き、「しかしながら番組での2人の母への発言は許しがたい侮辱発言だと思います。厳重に抗議します!」と怒りのツイートを行なったのだった。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中