2020年 11月 25日 (水)

「フリマアプリの食品購入」注意して!要冷蔵なのに常温で送られてきて食中毒!

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   博多大吉キャスターが「これからのお歳暮シーズンに向けて、注意があるそうですよ」という。お歳暮でもらった食品を、食べ切れないからとインターネットのフリマアプリに出品しするのはいいが、「要冷蔵品」を常温で送る不届き利用者が少なくないらしい。

   大手フリマアプリに実際に出品されたハムの説明欄には、「要冷蔵ですが常温にて発送致します」。数の子には「この季節ですのでこのまま発送いたします」。かまぼこには「発送は通常の通りでお送り致します」と、当たり前のように書かれていた。いずれもすでに売れてしまったという。

   当然、食中毒のリスクが高まるが、消費者庁の調べでは、要冷蔵食品を常温で配送しようとする出品が数十件もあった。クール宅配は配送料が高くつくからだ。

真空パックでも要冷蔵はクール宅配で

   消費者庁は10月(2019年)に、フリマアプリの利用者に注意をうながすリーフレットを作成した。「保存方法:10度以下」と書かれた食品を発送する場合は、必ずクール宅配を使うよう指示してある。保冷剤を入れても一時的に温度が下がるだけないのでNGだ。

   ハムやソーセージ、数の子、乳製品、干物など、要冷蔵と思われる食品を買うときは、「クール便で発送します」など発送方法がちゃんと書かれているか、チェックすること。真空パックの食品でも、種類によってはボツリヌス菌が含まれていて、常温で放置すると菌が増殖し毒素を発生させることがある。

   田端淳弁護士によると、要冷蔵・要冷凍の食品を常温で送って食中毒などの被害が出たら、出品者が過失傷害に問われ、食べた人が死亡したら高額な賠償が請求される可能性もあるという。出品する人も購入するひとも注意したい。

   田村直之アナ「フリマアプリの業界では、利用者に注意を呼びかけるなど対応を急いでいるということです」

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中