2019年 12月 13日 (金)

「いじめ保険」入ったほうがいい?わが子が被害にあったら学校側と交渉する弁護士費用を補償

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   学校でのいじめなどの解決のための弁護士費用を補償する「いじめ保険」をご存じか。エール少額短期保険から今年5月(2019年)発売された。加入前のいじめ被害は対象外で、今後起きるかもしれないいじめに備えるのが目的で、一番安い保険料で月額1180円という。

   「グッとラック!」が東京都内の50校に聞いてみると、「学校に法の力を入れるとか、弁護士が子どもの代理人になることに違和感がある」「いじめの根本の解決にはならず、子供の成長の妨げになる」という反対論が強かった。当事者による解決を否定されるわけだから当然だが、保護者からは「とにかく早くいじめを消した方がいいと思うので、弁護士に頼るのは良い」(中1、高1の子どもの母親)、「学校の先生は頼りにならないので、第三者が入ってちゃんとしてくれた方が良い」(小4の子どもの母親)と賛成意見が多かったという。

こじれる前にプロが初期対応

tv_20191121143922.jpg

   キャスターの立川志らく「学校側の意見は他人事のように聞こえる」

   画家の中島健太「いじめってエスカレートするので、早めの対応が必要ですよ。相談できる誰かがいるというのはすごく良いと思います」

   弁護士の山岸久朗「学校の自助努力だけでは解決できないことがあります。保険があることで、初期対応が早くなるのは意義のあることだと思います」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中