2019年 12月 14日 (土)

子連れ外出は気をつかう!満員電車で泣き出したり・・・都営大江戸線がお悩み解消アイデア

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「子連れ外出のモヤモヤ」特集ということで、「あさイチ」が街で聞いてみると、幼い子供がいる親は「満員電車で泣かれた時は冷たい目で見られる」「もう電車はあきらめてます。気を遣って大変になっちゃうので、車のみで過ごしてます」といった声が上がった。

   こうした声を反映して、7月(2019年)から都営地下鉄大江戸線の一部の車両に「子育て応援スペース」が導入された。優先席の壁をきかんしゃトーマスのキャラクターでラッピングし、ベビーカーを置きやすくするため、片側の座席は撤去した。通勤ラッシュの時間帯でも、子連れの人に気兼ねなく利用してもらうための取り組みだ。

「泣いてもいいよ」ステッカー

   一方、子連れでない人からは「助けてあげたい気持ちはあるけど、まったくの他人が『手伝いますよ』と言うと嫌がられるんじゃないかと思ってます」という声があがった。懸念を解消するために、女性向けサイト「ウーマンエキサイト」が作成した「WEラブ赤ちゃん 泣いてもいいよ!」というステッカーがある。パソコンやスマートフォンなどの持ち物に貼ったり、店舗や施設ならカウンターなどの見えやすい場所に貼る。

   田村直之アナ「直接声をかけなくても、ステッカーを貼って、お父さんお母さんにメッセージとして知ってもらうアイテムです」

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中