2020年 2月 25日 (火)

外来種シカ「キョン」が千葉の街中を荒らしまくり 脅威の繁殖力で10年後には100万頭を超える

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   シカの一種、キョンが千葉県で大繁殖し、農作物を食い荒らすなどの被害を出している。

   もともと中国や台湾に生息するキョンは1970年代、珍しいシカとして動物園でかわいがられていた。しかし、房総半島のレジャーランドで飼育されていたキョンが柵から脱走し、野生化。千葉県内で初めて捕獲されたのは1983年で、2006年くらいまでは勝浦市周辺で生息していたが、生息域をどんどん拡大しながら北上。最近では東京からわずか10キロの柏市でも確認されている。

柴犬くらいの大きさで素早く逃げ回り、猟銃当たらず

tv_20191224132611.jpg

   さらに、ことし(2019年)相次いで千葉を襲った台風で山が荒れ、食べ物がなくなり街中の畑に出没するようになったようだ。

   成獣でも体重9~10キロほどで、小型犬(柴犬)くらいの大きさしかない。地元の住民男性は「小さくてどんなところにも上る。(農作物を守る)網を二重にしても三重にしてもかじり切って入ってしまうから、無理。そこらじゅうキャンの楽園になるよ」と話す。

   生息域がものすごいスピードで上がっている理由は、高い繁殖能力にある。千葉県環境生活部自然保護課の三井士郎さんによると、メスは生後半年で妊娠して6~7か月で出産。1年間で36%増加することから、今年(2019年)3月に3万7700頭だった県内の推定生息数は、2020年には5万1000頭、2030年には110万頭を超える恐れがある。

2045年には日本の人口を超える勢い

   駆除も追いつかない。キョンの脚は人間の小指ほどしかないためワナをすり抜けるし、体が小さくて素早いので猟銃の弾がなかなか当たらない。こうした難しい状況の中、猟師により捕獲されたキョンは食用肉や革製品として活用されているという。

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「計算してみたら、2045年には日本の人口を超え、2058年には100億を超えて地球の人口も超えます。あり得ないないことですが、それぐらいの繁殖力だってことです」

   司会の羽鳥慎一「それは千葉ではまかないきれませんね」

   玉川「特産にして食べればいい。さっき食べましたが、シカよりも癖がない。ちゃんと調理すればシカよりおいしいかもしれない」

文   ピノコ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中