2020年 11月 29日 (日)

「伊右衛門」が「麒麟がくる」本木雅弘の毒殺場面に粋な返し 妻・宮沢りえが「主人がお騒がせして...」

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   26日(2020年1月)放送のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で、本木雅弘演じる斎藤道三が、娘婿の土岐頼純(矢野聖人)をお茶で毒殺する場面が放送されて大いに話題になった。

   本木雅弘がサントリーのお茶飲料「伊右衛門」のCMに出ているため、SNS上では「こんな恐ろしい伊右衛門あるか」「サントリーさん、ドラマだから許して」などと、「伊右衛門」が急上昇ワードとしてトレンド入りする騒ぎに。

「サントリーがくる!」「さすが大人の対応」と称賛の嵐

   すると、 サントリーの「伊右衛門」の公式ツイッター「伊右衛門タイムライン茶屋」が27日夜、粋な返しで"大人の対応"を見せた。CMで妻役を演じている宮沢りえが、湯飲み茶わんを手にほほ笑む画像(上の写真参照)を添付、「サントリーがくる」のハッシュタグまでつけてこうツイートしたのだ。

   「昨晩は、主人が熱演のあまり、皆様をお騒がせしましたようで、すみません。まずは心を落ち着け、茶などお召し上がりくださりませ。妻より」

   これには「さすが大人の対応」「お見事です」などと、次のような称賛のコメントが相次いだ。

   「素敵な切り返しがあるとホントに楽しいな。これが極上の一服」

   「機転が利くサントリー。タグもアソビゴコロあるなあ」

   「最高!主人って言っちゃった。りえさん、超キレイ」

   「樹木希林はこない。サントリーがくる」

   「奥様のおススメどおり。伊右衛門いただきます。大変おいしゅうございました」

   「ちょ、ネタの振り幅広すぎ。いまリアタイで伊右衛門飲んで吹いた」(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中