2020年 4月 7日 (火)

東出昌大に「どちらが好きなの?」と聞くオバサンリポーターが怖すぎ!ネットで「最低最悪ゲス質問」と非難の声

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   女優唐田えりか(22)との不倫が原因で女優の杏(33)と別居中の俳優東出昌大(32・写真2016年撮影)が17日(2020年3月)に会見を開いて謝罪したが、その際の女性芸能リポーターとのやりとりが話題になっている。

   ある女性リポーターの「杏さんが好きなのか? 唐田さんが好きなのか?」との質問には、10数秒沈黙し、「私の心の内をここでしゃべるのは妻を傷つけることになるので申し上げられませんと」と返したのだった。

   ネット上では、「妻のことを思わない発言」と東出を非難する声が多いが、一方で、「最低最悪のゲス質問」とリポーターを批判する声も高まっている。こうした声に代表される。

マイクをナイフのように突き立てるオバサンたちが不気味だった

   「東出のやったことは最低最悪なのはわかるけど、この芸能リポーターの質問も最低最悪だよね。杏さんの気持ちとか、こんなことを聞いたら杏さんがどう思うかとか考えられないのかな?。近所のおばちゃんたちの会話ぐらいのプライドしかないのだろう。リポーターの質をあげないとダメよね」

   「もし、杏さんが好きだと答えたら、じゃあなぜ不倫をしたのかと突っ込む。悪魔の質問だよね」

   「おばちゃんたちの、つるし上げみたいな会見。『杏さんが好きか、唐田さんが好きか』なんて、本当におばちゃん的質問で呆れました。あんなので何年もリポーターをやってきたプロと言うのでしょうか。担当の朝のワイドショーでは、小倉智昭キャスターから称賛されているのですよね。笑ってしまいます」

   「実際に主婦層やおばちゃんたちに、そこまで赤の他人の不倫に対して、絶対に許せないって怒っている人はいるのかなあと思う。自分の周りや知り合いの女性たちでこんなに本気に怒っているレベルの低い人はいないよ」

   「タモリやたけしのような相手が超大物や、大手事務所所属だと、目一杯忖度しているからな。芸能リポーターが職業として成り立つのが不思議だ」

   マスクをした女性リポーターたちがマイクを手に取り囲む構図に異様さを感じた声が多かった。

   「ワイドショーで使うための『絵』でしょうが、いやな撮影だった。男性リポーターもいたのに後方に引っ込んだ。『不倫した男性を責め立てる女性』という構図にした方が視聴者のウケがいいからでしょう」

   「マスクをかけたオバサンたちがマイクを突き立てる構図は、ナイフを突き立てるようで不気味だった。あんたたちは『会見クラスター』だと思ったよ」

   「同感。不倫男を女性が囲んで、吊るし上げて溜飲を下げる構図には戦慄しました。あまりにも出来過ぎた図なので、後世に『不倫した男性を責め立てる女性』という絵画か何かみたいに残るのでは」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中