2020年 11月 29日 (日)

<エール>(第40話・5月22日金曜放送)
応援団長・田中の気持ちを受け止めた裕一は『紺碧の空』を書き上げた!ついに早稲田は慶應に勝ち越し

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   早稲田大学応援団の団長・田中隆(三浦貴大)から、かつてバッテリーを組んでいた親友を励ますために早稲田に勝ってほしいんだと聞いた古山裕一(窪田正孝)は、小学校の運動会でビリの自分がーモニカの演奏に励まされてゴールしたことを思い出した。「僕は、忘れでだ。ずっと自分を見て、周りに人がいることを忘れでた」

   自分だけが悩んでいるような独りよがりに気付いた裕一は、あっという間に第6応援歌「紺碧の空」を書きあげた。

球場の早稲田側スタンドで歌唱指導

tv_20200520172328.jpg

   新しい応援歌を得て、早慶3連戦で早稲田は1勝1敗に持ち込んだ。勝負が決まる3戦目の試合前、裕一は応援団に歌唱指導をし、スタンドで妻の音(二階堂ふみ)とともに応援をした。遠く離れた福岡の工場の休憩室では、田中の親友がラジオに耳を傾けていた。結果は早稲田の勝利だった。

   試合後、興奮さめやらない裕一と音は、ラーメン屋台で勝利の喜びを語り合った。「あのさ、ごめん。音の言うごどに耳を貸さないで。ありがとう」「いいの。裕一さんが、また音楽に向き合ってくれて、嬉しかった」「俺さぁ、音のごどがもっと、もっと、す・き」

   その時、田中に率いられた応援団がやってきた。「先生のおかげです。静まり返っとった学校が、大騒ぎになっとうそうです。それでは、最後に、まったく曲が採用されない先生にエールを送りたかと思います。今度こそオ、作った曲がア、採用されることを祈願してエ、フレー、フレー、古山!」

   応援団員たちは裕一と音のために「紺碧の空」を歌い上げた。

(NHK総合あさ8時)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中