2020年 11月 25日 (水)

<エール>(第55話・6月12日金曜放送)
「この家のあるじはお前だ」父・三郎は浩二にそう言い残すと、静かに息を引き取った

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   家業の呉服店をたたみ、市役所に勤めだした古山裕一(窪田正孝)の弟、浩二(佐久本宝)の熱心な説得で、養蚕業を営む畠山(マキタスポーツ)は「りんご栽培に協力する」と決断した。浩二が市役所の農業推進係長に報告をしていると、家から電話がかかってきた。父・三郎(唐沢寿明)の病状が悪化したのだ。

   裕一は「父さん、知ってだよ。自分がもう長くないごど」と浩二に伝えた。その後、3日間眠り続けた三郎は唐突に目を覚ますと、「浩二と2人きりにしてくれ」と言う。

   三郎「いいが、浩二。俺が死んだら、喪主はお前だ。喜多一を継いだやづが、この家のあるじだ。家長だ。家も土地も全部お前が引き継げ。裕一も喜んでお前に譲ってよ。ちゃんと承諾取ったがら」

   浩二「ふん。さっさど、この家売っちまあがもしれねえし。もっと長生きしねえど、何すっか分がんねえぞ。俺のごど見張ってろよ、もっともっと生ぎでくれよ」。泣く浩二の頭を三郎は優しくなでた。そしてその晩、三郎は静かに息を引き取った。

裕一は浩二に詫び、音と娘を連れ東京へと戻った

tv_20200610143844.jpg

   裕一「い、今まで嫌な思いさせてきて、本当にごめん。浩二の言う通り、何にも分がってながったど思う。この家のごどは浩二に任せます。母さんのごど、よろしく頼みます」

   浩二「言われなくても分がってる。兄さんも頑張れよ」

   葬儀の数日後、裕一は妻の音(二階堂ふみ)と娘・華を連れ、東京に帰って行った。

(NHK総合あさ8時)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中