2020年 11月 30日 (月)

猛スピードで追突されて4週間入院なのに、謝罪なし、修繕費たった12万円!保険会社って悪質運転手の味方か

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   栃木県・那須塩原市の県道で、後続の赤い乗用車が急加速してそのまま追突した。ドライブレコーダーの映像では、追突してからもアクセルを踏み続け、押すように走しろうとする。追突されたのは新婚夫婦で、7月8日(2020年)に近場への旅行をしている最中だった。時速50キロの法定速度で運転をしていたという。追突されて車は後部が大きくへこみ、2人は打撲や捻挫など4週間のケガで入院した。

   追突車を運転していたのは70代くらいの高齢男性で、ようやく停車すると、車から降りてきて、いきなり車のドアを開けようとした。被害夫婦は警察と消防に連絡を取り、ドアの窓を開けると、男性は携帯電話を片手に「おい、警察を呼んだのか?」と話しかけてきた。謝罪もなく、道路の真ん中に立ってにらみつけている。なぜ追突したのかと問うと、「あんたの車が左折しなかったからだ」という。夫婦の車は左折ウインカーを出していたわけではない。

追突されたほうも悪いって...

   問題は修理費だ。追突された夫婦の車は40万円で購入した中古車だが、修理費に70万円かかった。しかし、保険会社は「12万円しか出せない」という。車の価値が12万円と判断されたからだ。ドライブレコーダーで見る限り、被害に遭った車に落ち度はないが、停止している車が追突された場合は過失割合は10対0。追突した側が100%悪いとされる。しかし、走行中に追突された場合は、追突された側も過失ありとされるケースがあるのだという。

   横から衝突されたことがあるという吉永みち子(作家)は、やはり保険会社から過失割合がゼロということはないと言われたという。「抗議しても、そういうことになっているというだけで、私は納得できないので、しつこく交渉しました。大変だった」と話す。

   長嶋一茂(スポーツプロデューサー)「このドライブレコーダーの映像を見ると、ほとんどあおり運転に近いですよ。追突した男性を許しちゃだめですよ。修理費が払われないのはおかしいよ。過失割合9対1でも合わない。だって、追突された運転者は悪くないもの」

   司会の羽鳥慎一「ドライブレコーダーが大事だなと痛感しました。後ろにもあったほうがいいと感じています」

文   バルバス
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中