2020年 12月 4日 (金)

「MIU404」外国人労働者問題に称賛と批判!「ベトナム人の悲惨な実態に涙が出た」「社会派気取りは白ける。エンタメに徹しろ」「次週、志摩の過去の謎解きに期待」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   綾野剛と星野源ダブル主演のTBS系刑事ドラマ「MIU404」(ミュウ・ヨンマルヨン)第5話が24日(2020年7月)放送された。

   しかし、外国人労働者の問題をシリアスに扱った物語に、ネット上では「使い捨てにされる外国人の悲惨な実態に考えさせられた」という称賛の声と、「社会派を気取って白ける。エンターテイメントに徹してほしい」という賛否両論が起こっている。

  • 「MIU404」(TBSの番組ホームページより)
    「MIU404」(TBSの番組ホームページより)
  • 「MIU404」(TBSの番組ホームページより)

ゴミ山の「夢の島」ジャパンドリームはウソです

   物語は、日本人店員のコンビニを狙う外国人によるとみられる強盗事件が続発。伊吹藍(綾野剛)と志摩一未(星野源)がコンビニ店員に扮して張り込んでいた店も襲われ、2人は犯人を捕まえる。しかし、伊吹らに仕事を教えたベトナム人留学生マイ(フォンチー)が働く別の店では、犯人を取り逃していた。桔梗ゆづる(麻生久美子)は留学生が共犯者の可能性があるとみて、伊吹と志摩に捜査をさせる。

   その後、多くの店を強盗犯が一斉に襲撃し、次々と確保される。犯人は外国人で、大半が低賃金で働かされている元技能実習生だった。伊吹と志摩は、捜査の過程で、マイが通う日本語学校の事務員、水森祥二朗(渡辺大知)が怪しいとにらむが......という展開だった

   ネット上では、悲惨な外国人労働者の問題に真っ向から切り込んだ、と評価する声が多かった。

   「タイトルの夢の島。かつてゴミの埋め立てに使われていた島の名前。貧しい国の若者が、技術を身につけ、豊かに暮らしたいと夢を抱いてやって来た日本。でも実態は、技能実習生と言う名の出稼ぎ労働者。低賃金できつい労働をさせられ、辛さに逃げ出す人がいれば、また替わりを連れて来る。使い捨てのロボット。理不尽な社会に怒りながら、自分も搾取する側だと気づいた水森は、その重さに堪えられなかった。『日本になんか来るな』と言う叫びは、何も出来ない自分への怒りでもあるだろう」

   「リアルに迫る。弊社も技能実習生としてベトナムから数名招いているけど、やはり国内採用より安いです。とはいえ、食事代、住居費、光熱費は会社持ちです。でも、この不況で仕事がなく、来年からの受け入れはやめるかもしれない。これからもっと海外からの労働者は厳しい環境に置かれそうな気がして、胸が苦しくなる話でした。正規雇用枠がどんどん厳しくなるのに、気軽に受け入れする政府。ジャパンドリームは本当に嘘ですよ」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中