2020年 12月 3日 (木)

電気の検針票「お客さま番号」「地点番号」はみだりに教えちゃダメ!悪徳電力会社に勝手に契約されるよ

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

勧誘されてもすぐ契約せず迷ったら誰かに相談を

   その他契約する上での注意点を、消費生活アドバイザーの大石美奈子さんが解説した。

   「プランや料金の内容をよく説明してもらった上で、少しでも迷うことがあったら決してその場で契約をしない。必ず誰かに相談をしてから契約することが大事です。勧誘されたら必ず会社の社名、連絡先をしっかり確認して、訪問販売の場合は必ず名刺をもらうようにしましょう。特に気をつけるべき点は、実は契約は電話口や口頭だけでも成立するということです。事実とは違うことを告げる行為や、契約をしないと意思表示している人を無理矢理勧誘することは禁じられてはいますが、そういったことをする事業者がいるのも事実なので、とにかく勧誘を受けてもすぐに契約しない。これが大事です」

   小林アナ「電話口や訪問販売で勧誘されて契約してしまった場合、書面を受け取ってから8日間はクーリングオフできます。契約書がなくても解約できる場合もあるそうですが、自分から進んで契約した場合は解約できないこともあるので、迷ったら消費者ホットライン(188=イヤヤ)に相談してください」

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中