2020年 12月 1日 (火)

レジ袋有料化で多発する店員イジメ。エコ袋に肉を詰めてあげると、「あんた下手くそね。お肉がつぶれちゃうじゃないの!」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「グッとラック!」はレジ袋有料化をキッカケに頻発しているスーパーやコンビニのトラブルをシリーズで取り上げていて、その第8弾はレジハラの呆れた客たちだ。レジハラとはレジの店員が客から受けるハラスメントで、飛沫防止シートを引きちぎる客の映像が流れた。「グッとラック!」が店員100人に聞いてみると、被害はもっとひどかった。

   コンビニの20代女性はこう話した。「女性のお客様で、『レジ袋いらない』というので、『ハイ』とご返事したら、しばらくして『だから、いらないって言ったでしょ』と大声で怒鳴るんです。隣のお客様に別の店員が言ったのを聞き間違えたらしいんです」。もちろん、女性客に謝罪はない。

横暴な客「いま大根に触ったでしょ、消毒して!」

tv_20200903115234.jpg

   スーパーの30代女性店員「『袋詰めしないのは店員がラクしたいからなんでしょ』というので、うちではやっていないんですが、サービスとして差し出されたエコバッグに詰めてあげたんです。すると、『あんた下手くそね。お肉がつぶれちゃうじゃないの』などと、文句を付けられました」

   ここまでくると、ちょっと異常という客もいる。スーパーの40代女性店員は「入力済みのカゴに大根を移したら、『いま触ったでしょ、消毒して』って言われました。生の野菜を消毒しろと言われてもねえ。お釣りの消毒を求められることもあります」

   キャスターの立川志らく「だったら、大根を消毒してやりゃいいじゃない、シューって。『もう来なくていいです、あなたみたいな人は』と店員が言える社会でいいと思うよ。レジハラは自分より弱い立場の人に言うしかない、寂しい人がやってるんでしょ」

   山岸久朗(弁護士)が自分の目撃エピソードを話した。レジ打ちを終わって店員が支払い額を伝えたら、「『アッ、私、エコバッグ持ってたんだ。駐車場の車の中に入ってたんだ』と言って、そのまま取りに行ってしまったんです。(後ろに並んでいる)全員が殺気立ちましたよ。プラスチックごみ削減はあるけど、もう、いいんとちゃいますか、レジ袋買っても」

   エコバッグは、初めは珍しくてファッションのように持ち歩いていたが、実際は煩わしくて、レジ袋をめぐるイライラは広がっているということだろう。

文   カズキ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中