2020年 11月 30日 (月)

半沢直樹、生放送で視聴者に「恩返し」。裏話も満載だったが、久本、ヒロミ出演に「いらないでしょ」の声。最終回は第10話で9月27日放送も明らかに

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

「久本とヒロミは必要だったの?」「視聴者の質問もっと答えて」

   一方、パネラー出演の久本とヒロミに違和感を感じた投稿も多かった。

   「それぞれの役との、掛け合い楽しませて頂きました。ただ、横にいた久本さんの、話し声が、テレビを見ているこちらの視聴者側に聞こえて来て、黙っていて欲しかったです。最後もでしゃばって自分の聞きたい事を出してきて、あの立場の方々は必要だったのかなあ?と感じました」

   「生ドラマでパロってくれるのかと思ってたので拍子抜けしましたが、話を聞くなら聞くでいいんですが、マチャミとヒロミ、要らない。この二人が尺を取るのが時間もったいない」

   「視聴者目線のコメントが欲しかったのなら、視聴者質問コーナーの時間をしっかりもうけるべきでした。結局、最後の視聴者質問も、久本の強引な横入りでタイムオーバーとなり実現されませんでした。制作側は、このドラマの視聴者が何を望み、何を嫌うのか、もっと真摯に考えたほうが良いですよ」

   「バラエティの絡み方しかできないので、俳優陣に絡むのが気がひけるのか、よく知っている相手の方が気楽なのか、児嶋にばかり構うが、あの顔ぶれで主役級は誰か考えたら児嶋いじりで秒数使うな。久本も、視聴者は誰も久本を見たくてチャンネル合わせてるわけじゃないと思えば、自分目立とうというのはもっと控えめにした方がいいと思わなかったのかな」

(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中