2020年 11月 29日 (日)

アウトドアも3密状態!4連休、外へ外へと驚異的な人出回復。宿泊増加ランキング、3位志摩、2位熱海、そして第1位は?

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

屋外でも大騒ぎすれば感染リスク高いぞ、「対策はしっかりと!」

   近藤春菜(お笑いタレント)「みなさん、屋外で空気の流れがいいところと同じことを考えて集まってしまった」

   司会の加藤浩次「トイレの1時間待ち行列は密になってしまっている」

   前田裕二(実業家)「本格的なコロナ共存社会が来た。徐々にコロナ前に戻っていく中で対策を厳しくしていかなければいけない。たくさん遊ぶには対策が重要」

   ロバート・キャンベル(日本文学研究者)「これまで中年以上の方が多かった小石川後楽園に家族連れが多くなってきた。屋外が密で、都会より混んでいる逆現象が起きている。混雑予想出すなどしてほしい」

   日本感染症学会の水野泰孝医師によると、屋外でも至近距離で騒ぐなどすれば感染リスクがある。水族館や映画館など、人数制限や感染対策をしている施設の方がリスクが低い場合もあるという。

文・みっちゃん

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中