2020年 10月 25日 (日)

台風14号が北上、沖縄・南大東島はすでに大荒れ! 土日は西日本に接近、雨は日曜まで降り続く長期戦に

ホットでもアイスでも美味しい。季節にあわせて楽しめる、大正製薬の乳酸菌が入ったごぼう茶。

   台風14号が北上している。きょう7日(2020年10月)未明には暴風圏ができて発達中、きょう中に一部が沖縄の南大東島にかかりそうだ。

   島にいる岸本哲也リポーターが「けさは風が1時間1時間と強まり、台風の接近を肌で感じます。海面は大荒れで、岸壁にあたった波が10メートル、20メートルのしぶきを上げています」と中継した。南大東島はサンゴ礁が隆起してできたため、海岸線に沿った崖が一番高く、内陸部は低い鍋底形。波しぶきが内陸のサトウキビ畑まで飛ぶと「塩害が心配だが、なす術がありません」と農家は言う。漁港からは岸本リポーターが「油断するともっていかれそうな風です」と声を張り上げた。

急激に進路を東に変え、関東に近づく恐れも

tv_20201007122637.jpg

   司会の小倉智昭「先月(9月)の台風10号のダメージがまだある」

   気象予報士の天達武史によると、台風14号はあす木曜8日に奄美大島の東に達し、金曜から土曜に東へ向きを変えるが、急角度で曲がれば南にそれ、大回りすると九州に影響し大雨の可能性もある。その後は北にある高気圧に押されながら土日に西日本に接近、関東に近づく恐れもある。「中心の北側に巻き始めた雲が特徴。日本列島には秋雨前線の雨雲もあり、ゲリラ豪雨はないが、日曜まで降り続く長期戦の可能性もあります」という。

   古市憲寿(社会学者)「今は旅行している人もいますからねえ」

   天達予報士は情報に気をつけて、避難のタイミングを早くと呼びかけた。

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中