2020年 11月 24日 (火)

SNSで精子提供が増えている! 「病院では相手を選べない」「ネットで夫に似た人探した」と依頼する人たち。専門医「リスクを知っているのか?」

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   SNSなどを介し、個人間で精子提供が行われるケースが増えている。通常、不妊に悩む夫婦は認定を受けた国内12か所の医療機関から精子提供を受けるが、なぜ個人間の取引が選ばれているのか。

   理由は様々だ。30代既婚女性は「夫に似た子どもが欲しいが、匿名が原則の病院では相手を選べず、夫の容姿に似た人をインターネット上で探した」。30代のシングルマザーは「そもそも病院では未婚女性への精子提供をしてくれない。息子の成長のためにも2人が欲しい」。20代既婚女性は「病院での不妊治療は200万円ほどかかり、高額で経済的につらい」。

   SNSの場合は費用がほとんどかからないというが、精子提供をする男性の理由はなんなのか。10年ほど前から精子提供の活動を行っている男性(30)は「知人から頼まれたのがきっかけで、困っている女性がたくさんいることを知り、助けてあげたいという気持ちが強くなった」と話す。今まで100人ほどに提供し、60~70人が出産に至ったという。

遺伝的な病気、近親婚...一生後悔することになるかも?

tv_20201014131823.jpg

   しかし、慶應義塾大学医学部産婦人科の田中守教授は、SNSの精子提供の3つのリスクを指摘する。母親がHIVや梅毒などの性病になったり、生まれてくる子どもが遺伝的な病気になったりすること。同じ父親だと知らず、子どもが将来、近親婚をしてしまうこと。精子提供者の学歴・経歴などの身元確認が不十分であること。

   田中教授は、SNSでの精子提供が増えている背景には病院への提供者が激減していることもあると指摘する。その理由は、世界的に広がりを見せる「子どもが父親を知る権利」だ。現在はドナーの情報は開示していないが、将来的に子どもが父親について知りたいと開示請求をした場合、提供者の情報を明かさなければならない可能性が高まってきている。

   田中教授は「母親と婚姻している夫の子どもなのか、遺伝学的な父親の子どもなのか、法的にちゃんと決められていない状況です。我々の施設でも『出自を知る権利』を説明したところ、ドナー希望者が激減した。将来的に急に『お父さん』と呼ばれることは重たいことですから。献血のように、公的なバンクを設立する必要があると考えています」と話す。

   キャスターの立川志らく「女性たちの話には、生まれてくる子どもがどう思うかという視点が欠けていますよ。SNSで探したという事実を知ったら...」

文   ピノコ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  2. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  3. 「NHK受信料不払いに割増金の罰則」に怒り殺到!「NHKを見ない権利を認めろ」「契約した人だけが見るスクランブル放送に」「受信料の是非を国民投票に」「海外出張中も受信料取られた」
  4. 「ブリが28万匹あまっています。送料無料。4割引で買って」SNSの呼びかけが大人気。番組が高知県の漁協を訪れると...
  5. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中