2020年 11月 28日 (土)

メタボ健診が、実はあまり効果を上げていないってホント?「体重減」ばかりに熱中してリバウンドする人が多すぎ!

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   受診者は年間2800万人、国の予算も225・9億円が投入されているメタボ健診が、実はあまり効果を上げていないことがわかったという。メタボ健診は40~74歳の男女を対象に、男性は腹囲85センチ以上、女性は90センチ以上で、高血圧、高血糖、脂質代謝異常のうち2つが当てはまると、メタボリックシンドロームと判定され、特定保健指導の対象になる。

   司会の羽鳥慎一「私はメタボじゃないと思います。死ぬほど運動していますから」

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「僕は腹囲が85センチ超えていると思います」

体重より血圧、血糖、コステロールを下げることを目的に!

tv_20201015123448.jpg

   メタボと判定されると、食事や運動など生活習慣の改善案を指導されるのだが、京都大などの研究チームによると、血圧、血糖、脂質に大きな変化はなかったというのだ。板倉朋希アナが解説した。「指導1年目は体重、MBI(肥満度)、腹囲は改善しているのですが、3~4年目になるとリバウンドしてしまっているのです」

   その理由として、研究のリーダーの福間慎吾准教授(京都大医学研究科)は、減量が目的になってしまっていることをあげる。「血圧、血糖、コステロールを下げることのほうを目的にしてください」とアドバイスしている。

   玉川「体重が多くても、それらがいいなら、問題ないんだよね」

   羽鳥「体重減った、減ったで、喜んでいてはけんないんですよ。斎藤さん、どうです? オジサンたちの話」

   アシスタントの斎藤ちはるアナ「違う話だなあって、思っちゃいました」

   高木美保(タレント)は大笑いで、「気の毒がられちゃっていますよ」

文   カズキ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中