2020年 12月 6日 (日)

青森・酸ヶ湯の大雪、羽鳥「40センチ超?」の質問に現場リポーター「13センチです」のズッコケ! とんちんかんレポートに、スタジオ凍り付く

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   週初めから11月としては珍しい大雪に見舞われている青森・酸ケ湯温泉とつないだのだが、リポーターとのやり取りがちぐはぐで、なんとも珍妙な中継になってしまった。まず司会の羽鳥慎一が「積雪はすでに40センチ超になっていますね」とリポーターの松田朋子に呼びかけると、「一面真っ白です。ハイ、測ってみます」とメジャーを取り出して雪に差し込んだのだが、「だいたい13~14センチですね」

   羽鳥「エエッ、40センチじゃないんですか」

   松田は「駐車場はきのうから降った雪だけが積もっているので...」と、自分が頓珍漢なリポートをしてしまったことに気付かない。羽鳥は「きのうからの雪ですか。きのうはそちらにお泊りになったんですよね」と何とか話をつなげようとするが、松田は「いえ、予約がいっぱいだったので、この近くに泊まりました」とぶち壊す。

玉川は「お湯は酸っぱい?」に「飲んでいないので...」

tv_20201111144015.jpg

   スタジオのコメンテーターたちも、明らかに困惑している。酸ケ湯温泉が大好きという玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)が「酸ケ湯っていう響きがいいですよね。やっぱり、お湯は酸っぱいということなのかな」と話しかけるが、「まだ、飲んでいないので」とこれまた外す。「いや、飲むというのじゃなくて。なめるとか」と玉川もあわてるが、松田は「毒とかではないのですが、飲料には使っていないということです」と全くかみ合わない。時折、中継スタッフの焦る音声も混じった。

   リポーターの不慣れ、準備不足もひどいが、温泉のリポートで「お湯の味は?」という玉川の質問も突拍子がなかった。しかし、これがこれで面白かった。

文   カズキ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中