2021年 10月 22日 (金)

実は多い「女性のひきこもり」! 近所やママ友関係きっかけに孤立...なのに「家事してる」「世間体に問題ない」と見逃されてしまう

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   きょう25日(2020年11月)のあさイチは「女性のひきこもり」がテーマということで、近江友里恵キャスターが「いわゆる専業主婦や家事手伝いといわれる人の中には、苦しさを抱え続けていたり人と接するのが怖いと感じている方がいらっしゃるんです」と切り出した。

   40~64歳までの中高年のひきこもりは推計61万人で、そのうち男性は77%、女性は23%といわれている。女性のひきこもりは少ないのかと思いきや、「家事従事」という役割があることなどから、男性に比べて見逃されやすいのだという。

   北九女子一歩会の西本祥子さん「男性の場合は周囲が『何とかしなくちゃいけない』と早く支援機関につなげて出口を見つけたいという傾向がある。女性の場合は家事をやってくれるからとか、世間的にあまり違和感がないということで、家族の方もひきこもりではないと思っている傾向があります」

ステイホームでひきこもりが二極化「生きやすくなった」「つながる機会逸した」

   女性のひきこもりのきっかけは、不登校やいじめ、家族や近所付き合い・ママ友などの人間関係、職場でのパワハラ・セクハラ、介護、病気や障害、性被害などがある。

   博多大吉キャスター「家に長くいるイコールひきこもりではないじゃないですか。どこからひきこもりになるのか、どのあたりから気を付けたらいいんでしょうか」

   ジャーナリストの池上正樹さん「ひきこもりというのは、つながりがなくなって社会的に孤立している状態を指します。それが自分にとって幸せと感じられるのであれば特に問題ではないと思いますが、自分だけがこんなことで苦しんでいるんじゃないか、本当の自分とは違うんじゃないかという悩みをなかなか打ち明けられなくて、気が付いたらつながりが全くなくなっていたことで苦しんでいるとしたら、ひきこもりに当てはまるんじゃないかととらえています」

   博多華丸キャスター「今年は特にコロナで家にいなきゃいけないというのもあったし、考えることも多いので自分で悩むようなことが増えたんですかね」

   池上さん「コロナで非常に二極化しているなと思います。みんながひきこもる状態になって後ろめたさがなくなったことで、生きやすくなった、解放されたと思う人たちがいる一方で、つながる機会を逸してしまって悩みが見えなくなってきている。女性の場合は特に家事を負担する役割が増えることもあって、ストレスが家の中で高まって緊張関係でトラブルが起きたりしている。そういう悩みが相談につながらないことで深刻化しているのが懸念されます」

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中