2021年 3月 2日 (火)

「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   27日(2020年11月)に放送されたNHK朝の連続小説「エール」の最終回は「『エール』コンサート」と題した特別編だった。東京・渋谷のNHKホールを舞台に、登場人物総出で古関裕而が作った数々の名曲を歌う「紅白歌合戦」のようなコンサート形式。

   ネット上では「みんな歌がうまい。感動した」「本物の紅白でもこれをやってほしい」という称賛の声が殺到した。

  • 福島三羽烏(NHK「エール」公式サイトより)
    福島三羽烏(NHK「エール」公式サイトより)
  • 福島三羽烏(NHK「エール」公式サイトより)

「栄冠は君に輝く」は、藤堂先生と久志の恩師&教え子コラボ

   司会を務めたのは古山裕一(窪田正孝)。オープニングは、登場人物の子ども時代を演じた子役たちによる「とんがり帽子」。藤丸(井上希美)と夏目千鶴子(小南満佑子)が「モスラの歌」のハーモニーを披露。藤堂先生の妻・昌子(堀内敬子)が「フランチェスカの鐘」、ミュージックティーチャーこと御手洗清太郎(古川雄大)が「福島行進曲」、光子(薬師丸ひろ子)が「高原列車は行く」を歌った。裕一の最初のヒット曲「船頭可愛いや」を村野鉄男(中村蒼)のギター伴奏で、佐藤久志(山崎育三郎)が歌い上げた。

   「栄冠は君に輝く」では、藤堂先生(森山直太朗)と久志の恩師&教え子コラボを見せた。何より圧巻の歌唱力で驚かせたのは、馬具職人の岩城新平(吉原光夫)による「イヨマンテの夜」だった。元劇団四季の団員で、帝国劇場のミュージカル「レ・ミゼラブル」では史上最年少でジャン・バルジャン役を務めているのだから当然だ。締めくくりは、裕一指揮による「長崎の鐘」。音(二階堂ふみ)を始め、出演者全員が平和の祈りを込めて歌った。

「薬師丸ひろ子、歌手だわ~。岩城さん、熊みたいでした」

   ネット上では感動の声であふれた。

   「出演者たちによるコンサートは感動しました。皆さん本当に歌がうまい。この人がこんなに歌えるんだ、と感心するばかりでした。紅白歌合戦でも、この皆さんで盛り上げるシーンをつくってほしいです。ぜひもう一度聞きたいです。NHKさんお願いしま

す」

   「皆さん歌が上手なのね。薬師丸ひろ子、歌手だわ~。キーが高くて一番難しそうなのに感動した。岩城さん熊みたいでしたね。いや~、お疲れさまでした。モスラもフランチェスカも聴けて良かった」

   「もっともっとゆっくり皆さんの歌声を聞いていたかったです。いろんなシーンが蘇って、朝からウルウルです」

   「BSと地上波の8時。ぜったい、お昼の再放送も見たい。丁寧な唄、気持ち良いです。紅白はこの感じでお願いします」

   「岩城さんの『イヨマンテ』、圧巻の声量と歌唱力に大感動!さすが元劇団四季です!モスラのお2人のソロも聞きたかった~。最後はみんなのエールが良かったな~。素敵なカーテンコールをありがとうございました!」

「スピンオフをやらないかな。福島三羽烏に逢いたい」

   「『栄冠は君に輝く』は、今の社会情勢下において、森山直太朗さんの穏やかで優しい声が未来への希望を感じさせてくれ、何故か自然と涙が溢れてきました」

   「地元が福島のせいもありますが、『エール』が朝ドラ史上一番好きでした。とっても素敵な朝の15分をありがとうございました。スピンオフとかやらないかな...逢いたいな、福島三羽烏に」

   最後にこの声を届けたい。

   「エールを一度も見逃さずに観ました。良かったです、本当に。本来なら今年はオリンピックが開催される年でもありましたので、古関さんだったのでしょうね。私も大好きな福島県、三羽烏の深い絆と、影の主役・大将に泣かせて貰いました。志村けんさんを見送り、甲子園の行方に何ともたまらず涙し、その他本当に様々な困難と共に完走した作品でした。しみじみ裕一と音ちゃんの激動の生涯を思いました。紅白が楽しみですね。一年間本当お疲れ様でした」(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中