2021年 12月 6日 (月)

「子ども部屋おじさん」急増中! 高収入なのに実家で自由に... 番組調べ若者は「あり」61%、親世代45%で反応真逆

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   高学歴・高収入なのに実家の子ども部屋で大好きなものに囲まれて暮らす「子ども部屋おじさん」が増えているそうだ。

   都内の超難関国立大学を卒業後、生命保険会社に勤める永井さん(仮名・35)の年収は1000万円を超える。にも関わらず今も実家で暮らす理由は「衣食住が楽だから。洗濯物を出せば洗濯してくれて、朝になればご飯が出てくる」。毎月10万円ほどを実家に入れ、20万円ほどを趣味や交際費、残りは貯蓄や投資に回している。

   しかし、永井さんは1つだけ気にしていることがある。「私が女性だったら、嫌です。『なんだ、こいつは』ってなりますよね。誰かとお付き合いするとして、家に来るとなっても『実家かよ』って。分かっちゃいるけどやめられないみたいな感じです」と言うのだ。

「結婚相手には、実家に一緒に住んでほしい」という男性も

   70代の両親と実家で暮らす竹内さん(仮名・42)は都内の大学を卒業後、PC部品を扱う会社の営業マンとして働いていた。今は会社を辞め、子どものころから憧れていたゲーム制作を実家の自室で行う。部屋は子どものころのままで、ファミコンのソフトや、ビックリマンシール、元祖SDガンダム、プラモデルのコレクションなどに囲まれている。朝昼晩の食事も、着替えも、母親が用意してくれるという。

   お付き合いをした女性は今まで1人もいないという竹内さんだが、「結婚するとしたら、できればここに住んでもらいたい」と話す。

   「子ども部屋おじさん」はアリ?それともナシ?番組が20~30歳の子ども世代100人に聞いたところ、アリが61%、ナシは39%。40~70代の親世代60人に聞いた結果は、アリが45%でナシが55%で、子供世代とは正反対の結果になった。

   浜田敬子(「ビジネスインサイダージャパン」統括編集長)「個人的には、1人暮らしをしていない男性は結婚すると大変だと思います。家事をしてきていないというのは、共働きをする上では大変です。私の周りでも苦労している人が多いです」

   キャスターの斎藤ちはる「私の理想は(男性には)家を出ていてほしい。自分が一人暮らしをしていないので、家事という面で、経験値があった方が安心です」

   浜田「逆に!?」

   司会の羽鳥慎一「『私ができないからできる人』。いいですね。斬新な意見です」

文   ピノコ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中