2021年 10月 22日 (金)

<おちょやん>(第21話・1月4日月曜放送)
借金取りから逃げた先は京都。千代はカフェーの女給として働きだすが、店長は無類の活動写真好きだった

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   芝居茶屋「岡安」の女将・岡田シズ(篠原涼子)の機転によって、父・竹井テルヲ(トータス松本)と借金取りに捕まらず、大阪・道頓堀を飛び出した竹井千代(杉咲花)。

   大脱走劇から汽車に乗り一夜明けて降り着いたのは京都だった。

   一文無しの千代は一刻も早く働き口を見つけ、稼がなくてはならない。

   千代は駅を降りるなり仕事を斡旋する「口入れ屋」で仕事と住まいを見つけ、まずはそこへ向かった。

   千代が見つけた仕事は住み込みで働く「カフェー」の女給だった。

店長は自分を「監督」、店員を「助監督」と呼んでいた

   早速、カフェー「キネマ」の扉をたたくと店長が歓迎してくれた。

   宮元店長「俺のことは監督と呼ぶように」

   「キネマ」の店長・宮元潔(西村和彦)は、自分のことを"監督"、店員の平田六郎(満腹満)を"助監督"と呼ぶほど無類の活動写真好きだった。

   またキネマで働く先輩女給には売れない女優の若崎洋子(阿部純子)がいて、相部屋の女優志望の宇野真理(吉川愛)がいた。

   そして、千代はその日から「キネマ」で働くことになった。千代は、持ち前の機転をきかし横柄な男性客を上手にあしらい、宮元店長らを感心させる。(NHK総合あさ8時放送)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中