2021年 6月 25日 (金)

<来週のおちょやん>(第7週「好きになれてよかった」)
恋の経験がなくうまく演じることができない千代、「勉強のため」と小暮に恋人のマネを頼むと...

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   竹井千代(杉咲花)は、鶴亀撮影所にコネで入ったことを妬まれ、大部屋女優の遠山弥生たちからの嫌がらせを受ける。そのせいで失敗をして落ち込んでいる千代を、助監督の小暮真治(若葉竜也)が励ます。小暮は、千代の尊敬する看板女優の高城百合子(井川遥)もまた、同じように妬まれていたが、芝居の実力で黙られせたのだと教えてくれた。

   出番がなくなった千代は前向きな心を忘れず、「美粧部」で女優たちの髪結いの見習いを始める。

   その後、千代は弥生のピンチを救い、代わりに出番を譲ってもらうことになった。

   しかし、恋愛の経験がない千代は、女心をうまく演じられず、せっかく得た役を下ろされてしまう。

   千代は恋心を学ぼうと小暮に恋人のまねを頼むが、本当に恋に落ちてしまう。

小暮は看板女優に想いを寄せていた。千代は恋の苦しさを学ぶ

   一方、天海一平(成田凌)もまた鶴亀撮影所にいた。大山鶴蔵(中村鴈治郎)の命令で脚本部で修行をしているという。

   そんなある日、百合子が相手役の男性と駆け落ちしてしまった。この一件で、小暮が想いを寄せていたのは百合子だったと知った千代は、気を落とす。

   百合子がいなくなったために配役が繰り上がり、千代は若い妻役に抜擢されるが、失恋の傷もまだ生々しく、演技もうまくできない。

   そんな千代に小暮は百合子への気持ちを打ち明けた。「見向きされなくても、好きになれてよかった」。千代はこの言葉に恋の苦しさを知った。

   その翌日は千代のシーンの取り直しだった。無声映画なのに、回るフィルムの前で関係のない話を始めた千代。この演技は監督のジョージ本田(川島潤哉)をうならせた。

   同じころ、一平は人知れず脚本部から姿を消していた。(NHK総合あさ8時放送)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中