2021年 9月 24日 (金)

東北新社の子会社・囲碁将棋チャンネルの"特別待遇"が総務省「違法接待疑惑」のカギか? コロナワクチン接種のスケジュールが大幅に遅れる!

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

「本当のことは総理に言えない」

   致命傷といえば、菅首相が政権維持の最後の頼みとしているコロナワクチン接種スケジュールが、大きく遅れることが確実になってきた。

   それは先週のポストが報じたように、ワクチンを確保できないからである。菅は「予定通りにやる」と息巻いているが、河野太郎担当相も、当初の予定通りには進んでいないことを認めた。

   文春は、内閣官房のコロナ対策推進室の吉田学室長も周囲に、「ワクチンのスケジュールは現実的には難しい。(中略)そんなことは最初から分かっていた。けれど、ネガティブなことは総理には言えないんだ。本当のことを言えばクビになる」と嘆いているという。

   そうした事実を覆い隠すために姑息なことをやっているというのだ。

   2月17日午前9時から東京都目黒区の国立病院機構東京医療センターで、国内第1例目になる接種の様子を報道陣に公開した。

   接種された人間が報道陣に、「一番痛くない。コロナ対策のために率先して受ける必要があると思いました」と笑顔で語った。だがこの御仁、このセンターの新木一弘院長で厚労省の元医系技官だというのだ。"やらせ"だったのである。

   このままいくと、高齢者に接種が始まるのは6月ぐらいにずれ込むのではないか。そうなれば日本人全員が受けられるのは年内いっぱいかかる。どう考えても東京五輪など開けるわけはない。菅首相はその事実を早く公表すべきだ。

元木 昌彦(もとき・まさひこ)
ジャーナリスト
1945年生まれ。講談社で『フライデー』『週刊現代』『Web現代』の編集長を歴任。講談社を定年後に市民メディア『オーマイニュース』編集長。現在は『インターネット報道協会』代表理事。上智大学、明治学院大学などでマスコミ論を講義。主な著書に『編集者の学校』(講談社編著)『週刊誌は死なず』(朝日新聞出版)『「週刊現代」編集長戦記』(イーストプレス)『現代の“見えざる手”』(人間の科学社新社)などがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中