2021年 5月 18日 (火)

「チェッカーズは全身チェックを着たことによってアイドルになった」... 藤井フミヤが振り返る、街中にチェックが溢れていた「あの頃」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   きょう26日(2021年3月)の「プレミアムトーク」コーナーは、ミュージシャンの藤井フミヤさんがゲストだった。

   「チェッカーズ」のフロントマンとして、1980~90年代に大人気を博したフミヤさん。独特な髪型やチェックを多用したファッションを真似する人も続出したが、本人はアイドル的人気を獲得したことをどう受け止めているのか。

   フミヤさん「いろんな歌手とかミュージシャンがいるけど、アイドル経験者ってなかなかいないんですよ、バンドマンとして。だいたいアイドルってジャニーズとかになるんですけど、アイドルを経験したのは意外と自分の人生の中で面白かったです」

「革ジャンを着ていたらあそこまでキャーキャー言われなかったと思う」

   特徴的な髪型はデザイナーと一緒に考えていたという。チェッカーズ時代のフミヤさんといえば、チョロンと垂れた前髪を思い出す人も多いだろうが、「ある時ラーメン食っててべちょって付いて、邪魔だなと思って、そんな感じで切っちゃった」(フミヤさん)。

   博多華丸・大吉キャスターはフミヤさんと同じ福岡出身ということで、「みんな憧れましたからね、福岡の人間は」(華丸キャスター)と語る。

   大吉キャスター「校則でやれるとこまではやるんですよ。前髪を伸ばすのは無理だから、耳のとこ(刈り上げ)はしてました」

   当時自身と同じ髪型やファッションの人たちが街に溢れていたことについて、フミヤさんが振り返る。

「すごいことになっちゃったねとはみんなで思ってたね。キャーキャー言われちゃって。キャーキャー言われるから嫌な気分にはならないですけど、想像以上のことは起き始めたという感じはありました。チェッカーズはスタイリストの方が全身チェックを着せたことによってアイドルになった。あれが革ジャンとかだったらそこまで行ってないと思う。チェックがアイドル化させたんです」
文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中