2021年 10月 26日 (火)

「俺の家の話」長瀬智也が死んでいたなんて!最終回の衝撃に号泣と感謝の声...「クドカンの伏線スゴすぎ」「竹内結子さん、山口百恵さんへのオマージュも」「プロレスラーの名前にも長瀬智也へのはなむけが」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   長瀬智也主演のTBS系ドラマ「俺の家の話」の最終回が3月26日放送された。のっけから主人公の寿一(長瀬智也)がすでにこの世を去っていたという予想外の展開と、次々と回収されていく伏線に、「嘘でしょ」「あまりに辛い話で涙が出てきた」「これは役者を引退する長瀬に対するクドカンの愛の餞別だ」と、驚きと感動の声が寄せられた。

  • ドラマを見て亡き父の「兄弟仲良く」という遺言を思いだした人も(TBSテレビの公式サイトより)
    ドラマを見て亡き父の「兄弟仲良く」という遺言を思いだした人も(TBSテレビの公式サイトより)
  • ドラマを見て亡き父の「兄弟仲良く」という遺言を思いだした人も(TBSテレビの公式サイトより)

寿三郎は寿一を「観山家の人間家宝」と初めてほめた

   前回は、危篤状態となった寿三郎(西田敏行)のためにバラバラだった家族総出で寿三郎を励まし、命が助かる奇跡を起こした。今回の冒頭は、寿三郎を交えたいつもと変わらない観山家の食卓。元気になった寿三郎は、機嫌よく寿一(長瀬智也)に語りかけるが、さくら(戸田恵梨香)、踊介(永山絢斗)、舞(江口のりこ)ら家族はみな複雑な表情を浮かべる。

   寿一は能楽会で舞う「隅田川」の稽古に励むが、稽古中に寿限無(桐谷健太)に明かりを消されるなど、どこか変な雰囲気。迎えた能楽会の日、寿一は会場に姿を表さない。そこで、実は寿一がスーパー世阿弥マシンとして戦ったプロレスの事故で、この世を去っていたことが明かされる。家族と食卓を囲む寿一は寿三郎にしか見えていないのだ。クライマックスは能楽会の舞台。寿一の姿が見える寿三郎は息子に語りかけ、初めてほめる。周りの人々を笑わせ、奮い立たせ、人の分まで戦ってきた寿一を「観山家の人間家宝」とほめたたえた。

   最終回では、宮藤官九郎が脚本に仕掛けた伏線が怒涛のように回収された。「隅田川」は、亡くなった子を探し求める親の話。お通夜も寿三郎のために寿一が葬儀屋に頼んでいた段取りで。戒名は長州力が寿三郎のために考えた名。遺影には25年ぶりの家族旅行での写真が使われた。

   ネット上では、こんな称賛の声があふれた。

   「全く予想外の展開で驚いた。正に泣き笑いの展開。完全にやられました。あれだけ頑張っていた寿一にはさくらさんと幸せになって欲しかった。だけど、長瀬くんの有終として観る側から考えたら、あの役回りは脚本家からのベターなアンサーだったかも知れませんね。クドカン凄ぇわ。西田敏行さんも素晴らしい。泣きの演技で寂しくもあり、納得のファミリードラマだ。まあいつか、長瀬くんとみなさん、ご一緒にお久しブリザードッ!したいですよね」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中