2021年 5月 18日 (火)

フジ「倫理上の問題あり」に沈黙のMC谷原! 「テラハラ」BPO見解、番組で局の対応説明

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「めざまし8」はきょう31日(2021年3月)の番組冒頭で、フジテレビの番組「テラスハウス」に出演していた女子プロレスラーの木村花さん(当時22)が亡くなった問題をめぐり、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会が「放送倫理上の問題があった」との見解を発表したことを取り上げた。

   「テラスハウス」は男女6人が生活する様子を見せる恋愛リアリティー番組。昨年5月(2020年)の番組の中で、一緒に生活していた男性に花さんが怒りをぶつけるシーンが放映され、花さんのSNSに中傷コメントが殺到。花さんは放映の4日後、自ら命を絶った。

   花さんの母響子さんの申し立てを受け、BPOはきのう30日、放送倫理上の問題は認定したものの、「人権侵害があったとまでは断定できない」とする見解を発表した。響子さんは会見を開き、「人権侵害が認められないことについて、すごく歯がゆく悔しい思いをしています」と話した。

局は、SNS対策に取り組む部門を新設するそうだが...

tv_20210331111633.jpg

   番組では、「花さんの母親が、ネット上の誹謗中傷の被害防止に取り組むNPO法人を設立することを明らかにしました」と伝えたうえで、「これに先立ち、BPOが放送倫理上の問題があったとする見解を発表しました」という順序で取り上げた。MCの永島優美キャスターは、番組制作に伴うSNS上の対策に取り組む部門を新設したフジテレビの対応を説明し、「改めて花さんのご逝去にお悔み申し上げます」と頭を下げた。

   番組の顔であるMCの谷原章介キャスターは、他の話題ではスタジオに居並ぶコメンテーターにほとんど話を振らず、自分の意見をよくしゃべるのだが、この件に関してはコメントなし。

   フジテレビ社員ではない谷原キャスターにこそ、リアリティー番組の在り方やSNSによる誹謗中傷などコメントできることはたくさんあったはずなのに、こんなことじゃ「雇われ店長」と言われちゃうぞ。

文   キャンディ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中