2021年 11月 28日 (日)

<おちょやん>(第98話・4月21日放送)
一平が千代に追い打ち 「言ってなかった大事なことが」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   鶴亀新喜劇の劇団員である朝日奈灯子(小西はる)と浮気をした座長である天海一平(成田凌)。ところが座長の妻・千代(杉咲花)は、二人のことを冷静に考えるようになった。

   一平以上に苦しんでいる灯子の思いを心配し、嫉妬など忘れていた。

   千代「何度も考えたんやけど、うちは一平が灯子にしたことが許せへんだけやねん。灯子が許してくれるのやったら、また一緒にお芝居したい。一平とも、これまで通りでええ」

   そういう千代に対して、幼馴染みのみつえ(東野絢香)がいう。

   みつえ「あんたほんま、底なしのアホやな」

■灯子の家の前で...

   そういわれても千代は、灯子のことを心配して一平と3人で会うことを決め、次の日一平と千代は灯子の家に向かう。

   灯子の家の前で...。

   千代「ええか。何回も何回も謝るんやで。せやけど遊びやったとか絶対に言うたらアカンで。余計に傷ついてしまうさかい」

   一平「千代、堪忍。言ってなかった大事なことがあるねん」

   千代「なんや、ここまで来て」

   一平「灯子、実は...」

   千代は、それを聞いてショックを受けてしまう。(NHK総合あさ8時放送)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中