2021年 5月 15日 (土)

「田中みな実」次々と辞めていくマネージャー!隣にいるのにLINEで「飲み物買ってきて」と使用人扱い――ほか3編

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   田中みな実(34)という人気女子アナがいる。TBSのアナウンサーだった彼女がフリーになったのは2014年の秋だったが、引く手数多とはいかなかった。彼女の人気に火がつくのは19年12月に出した写真集『Sincerely yours...』(宝島社)が、60万部という大ベストセラーになったのがきっかけだった。

   "美のカリスマ"として引っ張りだこになり、ドラマ『M愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)で女優としても注目された。TBS時代は家賃10万円台のワンルームマンション。写真集を出して家賃40万円の高級マンションに移り、現在は都心の一等地に聳える高級マンション暮らしだという。

   わが世の春を謳歌している田中だが、好事魔多し。週刊文春が、田中についたマネージャーが何人も潰され、事務所の社長までが匙を投げたと報じている。フリーに転身後にテイクオフに所属したが、歴代の彼女のマネージャーたちが「機嫌が悪いと無視される。コミュニケーションが取れない」と口をそろえ、心を病み、担当を外れていったという。

   車に同乗していても、LINEで「飲み物を買って来て」と指示されたマネージャーもいたそうである。芸能界のドンといわれる周防郁雄がエイベックスに移籍させようとしたが、田中の"不穏な情報"を聞きつけ、向こうから断わったという。ようやく広末涼子などが所属する女優専門のフラームに移籍したが、ここで付いたマネージャーも、3月末に退社したそうだ。

   田中はプロ意識が強く、自分にも他人にも厳しく、孤高を保ち群れない性格が、マネージャーたちに「自分たちは使用人でしかない」と思わせてしまうのかもしれない。彼女に必要なのは、「私は一人じゃない」と思わせてくれる男の存在なのではないか。

名門「東京フィル」正指揮者はエロ事師だった!40代、50代の独身女性に次々と「全身全霊で愛させてください」

   週刊文春の「今週の不倫」の主人公は、日本最古の名門オーケストラ「東京フィルハーモニー交響楽団」でレジデントコンダクター(正指揮者)を務める渡邊一正(54)。文春は「不倫四重奏」などと名付けてはいるが、「女漁り」といったほうがいいと思う。

   大阪で働く40代の独身女性の場合、渡邊の追っかけをやり、SNSで感想を書き込んでいたら、突然、昨年(2020年)の7月10日、フェイスブックに渡邊からメッセージが届いた。何度かやり取りするうちに、「全身全霊で愛させて下さい。(略)堂々と恋人になって頂きたいと思っています。そして死ぬまで一緒にいさせて下さい」というメッセージを送ってきた。もちろん渡邉には妻もあり、介護の必要な母親もいるそうだ。

   初めてのやり取りから2週間後に初めて大阪で出会い、食事をすませた後、彼の宿泊しているホテルで体を重ねる。その後、週に1回のペースで密会を続けるが、8月末に突然連絡が途絶え、10月に母親の介護を理由に「距離を置きたい」といい出し、そのままに。彼女は「人生を踏みつけにされた」と憤っている。

   次は広島在住の50代独身の演奏家。やはり昨年5月にフェイスブックにあった渡邊に友達申請。その後、渡邊から「全身全霊で愛して行くから」という<既視感のある愛のメッセージ>(週刊文春)が来て、7月に対面してダブルベッドで体を重ねた。だが、1週間もせずに態度を一変させたという。その直後に、先の40代の女性に手を伸ばしていたのだ。何のことはない、独身の40代、50代女性を狙った「エロ事師」である。

   このマエストロ、4月17日に、共演者の女性とも濃厚接触していたところを、週刊文春が追いかけ、ホテルから出てきた2人を直撃している。その後、渡邊の所属する事務所から、2人と関係を持ったことを渡邊は認めたが、「双方とは一時的な関係」だとし、共演者の女性とはホテルに宿泊していないという返事が来た。

   指揮者は清廉であれとはいわないが、独身で不安を抱えている中年女性を漁る行為は、指揮者にふさわしくないこと、いうまでもない。

元木 昌彦(もとき・まさひこ)
ジャーナリスト
1945年生まれ。講談社で『フライデー』『週刊現代』『Web現代』の編集長を歴任。講談社を定年後に市民メディア『オーマイニュース』編集長。現在は『インターネット報道協会』代表理事。上智大学、明治学院大学などでマスコミ論を講義。主な著書に『編集者の学校』(講談社編著)、『週刊誌は死なず』(朝日新聞出版)、『「週刊現代」編集長戦記』(イーストプレス)、『現代の“見えざる手”』(人間の科学社新社)、『野垂れ死に ある講談社・雑誌編集者の回想』(現代書館)などがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中