2021年 5月 15日 (土)

フジTV「ステマ女子アナ」反省なし!タダ美容100回以上200万円でも「何が悪いの?」社内処分もされず!?――ほか7編

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   東京、大阪、京都、兵庫の4都府県で4月25日(2021年)から5月11日まで緊急事態宣言を発令する。期間中は飲食店に酒などを提供しないよう要請するという。だが、17日間という中途半端な期間が問題になっている。コロナの変異株が広がり第4波襲来だといわれるなかで、菅政権の本気度が疑われる。

   IOCのバッハ会長が5月17日に来日する予定だと聞くと合点がいく。五輪を何としてでも開催したい菅とバッハは、一時的に感染者数が抑えられ、緊急事態宣言も解除された東京の様子を見て、五輪へのゴーサインを出す腹積もりなのだ。菅は政権延命のため、バッハはカネのためだ。2人にいってやろうではないか、「私利私欲のために五輪を利用するな、うっせぇわ」と。

   ところで、先週、週刊文春が報じたフジテレビの女子アナ7人の「ステマ問題」だが、今週の文春によると、関わっていた女子アナたちは、「何が悪いの?」「みんなやっているじゃないですか」と悪びれた様子はないという。フジの上層部も、人数が多すぎて、「"守る"以外の選択肢が見当たらない。このまま社内で円満に終わらせるしかなく、風化を待っている状況です」(情報番組関係者)。

   フジ関係者から寄せられた情報によると、7人の女子アナたちが、美容室と系列のネイルサロン&マツエクに通った回数は100回を超え、総額200万円は下らないそうである。これはBPO(放送倫理・番組向上機構)が乗り出してもおかしくはないレベルのコンプライアンス違反だと思うが、フジのアナウンス部では問題解決どころか、どこから漏れたのか犯人探しに躍起になっているという。本末転倒である。

若大将は不死身だった!84歳加山雄三 70%まで機能回復し「あと10年は現役で頑張りたい」

   永遠の若大将といわれる加山雄三が小脳出血を起こして入院したのは、昨年(2020年)8月29日だった。その前年には軽度の脳梗塞を起こしている。加山は4月11日に84歳になった。さすがの若大将も今回はと思われたが、不死鳥の如くに甦り、週刊新潮でインタビューに答えている。

   倒れた日、「水を飲もうとしたら気管に入ってしまってね。誤嚥というか、"ゴホン、ゴホン!"とむせ返るほど激しい咳が止まらなくなって、そのうちにぶっ倒れたわけです。(中略)気づけば自宅の床に突っ伏して吐いていた」

   すぐに奥さんが救急車を呼んでくれたことで、大事に至らなかったという。長嶋茂雄が自宅で倒れた時は、誰も家にいなかったため、発見、搬送が遅れ、かなり重度の後遺症が残ってしまったが、加山は現在、入院前の70%くらいまで回復したといっている。

   彼はタバコは52歳でキッパリやめ、酒も還暦を過ぎた頃から飲まなくなったそうだ。私などは、そんなことをして、人生何が楽しいのだろうと思ってしまうが、加山はあくまでも前向きである。小脳出血さえも自分の人生にとってプラスにしたかったという。「そのために、なぜ小脳出血で倒れなければならなかったのか、自分の落ち度はどこにあるのかを客観的に分析してみた。そうするうちに死への恐怖感が薄れて、生きる活力が沸き起こってくるんだ」

   あと10年は現役で頑張りたいという。ライバル役だった"青大将"の田中邦衛は逝ってしまったが、加山は100歳まで現役を続けるかもしれない。コロナが終息したら、またコンサートに行ってみよう。

元木 昌彦(もとき・まさひこ)
ジャーナリスト
1945年生まれ。講談社で『フライデー』『週刊現代』『Web現代』の編集長を歴任。講談社を定年後に市民メディア『オーマイニュース』編集長。現在は『インターネット報道協会』代表理事。上智大学、明治学院大学などでマスコミ論を講義。主な著書に『編集者の学校』(講談社編著)『週刊誌は死なず』(朝日新聞出版)『「週刊現代」編集長戦記』(イーストプレス)『現代の“見えざる手”』(人間の科学社新社)などがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中