2021年 5月 9日 (日)

元妻逮捕に谷原章介「莫大な遺産が...」 「紀州のドン・ファン」事件

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「先ほど入って来たニュースから始めましょう。2018年、紀州のドン・ファンと呼ばれた和歌山県の資産家が急死した事件で、急転直下の展開となりました。25歳の元妻が今朝、殺人の容疑で逮捕されました。事件から3年、逮捕の決め手とは...」と、MCの谷原章介が切り出した。

   逮捕されたのは、須藤早貴容疑者(25)。3年前、夫だった会社社長の野崎幸助さん(当時77)を自宅で急性覚せい剤中毒にして殺害した疑いが持たれている。

  • 故・野崎幸助さんの著書『紀州のドン・ファン』。
    故・野崎幸助さんの著書『紀州のドン・ファン』。
  • 故・野崎幸助さんの著書『紀州のドン・ファン』。

何千本というビール瓶を押収

   野崎さんは自宅2階の寝室で変死。遺体には注射痕はなく、どのように覚せい剤を摂取したのかも含めて謎に包まれていた。資産家の不可解な死は一時的に大注目されたものの、糸口がつかめないままその後はほとんど報道されなくなっていた。

   しかし警察はこの間も、水面下で捜査を続けていたようだ。野崎さんが死亡前に晩酌していたという情報から、何千本というビール瓶を押収し、覚せい剤の成分の検出検査などしていたという。

   何が逮捕の決め手になったのか。今回新たに分かったことは、須藤容疑者が事件前、インターネットで覚せい剤について調べていたということ。そして、野崎さんが覚せい剤を摂取した時間帯には、家政婦は外出しており、ほかに須藤容疑者しかいなかったということ。

   谷原「自宅は密室状態で、ご本人、奥さん、家政婦の3人しかいなかった。なんで3年間もかかったのでしょうか」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中