2021年 5月 7日 (金)

「イチケイのカラス」無理すぎる設定にブーイング!「書記官の秘密捜査、あり得ない」「証言方法がメチャクチャ」「裁判員いないの?」「小日向文世『バレエ、お詳しいんですか?』草刈民代『全然』はよかったが...」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   竹野内豊主演の裁判ドラマ「イチケイのカラス」(フジテレビ系)第5話が5月3日(2021年)に放送されたが、2つの裁判を併合するという無理な設定に加え、書記官が恋愛感情にかられて捜査する展開に、ネット上では「あり得ないでしょ」「今回は一番つまらなかった」というブーイングの嵐が起こった。

   裁判は、バレエ団で起きた傷害事件。被告人は、バレエ団代表で振付師の槇原楓(黒沢あすか)。被害者はバレエ団の元トレーナー矢口雅也(松木研也)。2人は口論からつかみ合いになり、槇原は矢口を階段から突き飛ばす。頭を強く打った矢口は意識不明に。起訴状を見た石倉(新田真剣佑)は驚いた。バレエ団に在籍するバレリーナ・馬場恭子(生田絵梨花)は石倉の初恋の相手だったのだ。

  • バレリーナ役の生田絵梨花。さすがに踊るシーンはキレイ(フジテレビの公式サイトより)
    バレリーナ役の生田絵梨花。さすがに踊るシーンはキレイ(フジテレビの公式サイトより)
  • バレリーナ役の生田絵梨花。さすがに踊るシーンはキレイ(フジテレビの公式サイトより)

バレエ団の生田絵梨花は書記官・真剣佑の初恋相手

   裁判長の坂間(黒木華)に、みちお(竹野内豊)は傍聴席から「さっき、食い逃げの公判をやった。食い逃げとバレエ団、ふたつの裁判を1つにくっつけたい」と書いた紙を坂間に見せ、自分が担当する食い逃げ事件との併合審理を提案する。食い逃げ事件の被告が、バレエ団事件の犯行時刻に現場を通りかかり、被告以外にもう1人現場にいたと証言したからだ。結局、2つの事件は併合審理となり、「イチケイ」を目の敵にする次期最高裁長官・日高亜紀(草刈民代)の知るところとなった......。という展開だ。

   ネット上では、裁判システムを無視した展開がデタラメすぎるという批判の声が上がっている。

   「『証言』という言葉の扱いが軽すぎる。傍聴席から証人を唐突に引っ張り出したり、検察官だって作為を感じたから召喚しただろうに、4人まとめて証言をさせたり。恭子(生田絵梨花)が午前中は取材を受けていたと主張するのなら、記者に証言させるべきだ。しまいには食い逃げ犯・元木の『ウソついていました。すんません!』。それは証言ではなく、もはやただの妄言。想定外なのだから、いったん休廷すべきでしょ。最後は、『被害者、意識回復しました~』『よかった~』って。あんたたち、真面目に仕事しろよ、もう」

   「面白いがデフォルメしすぎ。まったく関連性ない事件の併合なんてあり得ない。リアル感がなさすぎて、ストーリーに入り込めなかった。今回の事件なら、食い逃げ犯をバレエ団の傷害事件の証人として法廷に呼べばいいことだ。事件併合の必要性がまったくない。まあ、あり得ない法廷審理がドラマのミソだから仕方ないのだろうが、結局、そのミソ?スパイス?は、裁判官が『真実発見のために職権を発動します!』と言うところだけにして欲しいなあ」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中