2021年 9月 23日 (木)

水谷・伊藤組が「金」、インタビューでも魅せた 永島優美「やり取りも最高」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「1ゲーム目、2ゲーム目を取られた時は、日本中、やっぱり無理かなと思ったと思うけど、あの2人だけが諦めていなかったんですよね」。司会の谷原章介がけさ27日(2021年7月)、そう述べた。2人とは「みまじゅんペア」のことだ。

  • 卓球混合ダブルスで快挙(写真はイメージ)
    卓球混合ダブルスで快挙(写真はイメージ)
  • 卓球混合ダブルスで快挙(写真はイメージ)

卓球混合ダブルスで金メダル

   26日夜に行われた東京五輪の卓球混合ダブルス。日本は水谷隼(32)、伊藤美誠(みま、20)組が強敵・中国を倒し、初めての金メダルを獲得した。

   2人は静岡県磐田市出身で子どもの頃から卓球を親しんでいた。伊藤は母親の影響で2歳からラケットを握った。5歳の頃からは水谷選手の両親が設立した卓球クラブで練習をしており、水谷は伊藤を妹のように可愛がっていた。よくおんぶしていたそうだ。

   昨20年3月、伊藤はこんなことを言っていた。「お兄ちゃんみたいな感じで強い選手と分かっていたんですけど、別にそういうオーラとかなくて」

   一方、水谷は今年5月、「お互いにざっくばらんに話はしますね。コートでは年齢関係なく、彼女はトップアスリートの1人なので、彼女の意見をしっかり尊重しながら作戦を話し合っています」といっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中