2021年 9月 23日 (木)

最後のキャッチャーフライ 我妻捕手「これ落としたら、どうなるんだろうと...」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   五輪ネタのお約束で、「一夜明けたゴールドメダリスト」が登場した。前夜27日(2021年7月)にアメリカとの決勝に勝って2連覇を果たしたソフトボールの上野由岐子、藤田倭、後藤希友、我妻悠香の4選手だ。バブル方式でスタジオ入りはできないため、国際放送センターからの中継で、みな首から金メダルを下げている。

  • 五輪で金メダルを獲得した日本ソフトボールの4選手が質問に答えた(写真はイメージ)
    五輪で金メダルを獲得した日本ソフトボールの4選手が質問に答えた(写真はイメージ)
  • 五輪で金メダルを獲得した日本ソフトボールの4選手が質問に答えた(写真はイメージ)

羽鳥慎一「どんな思いで捕りましたか」

   司会の羽鳥慎一が「きのうは眠れたでしょうか。いまのお気持ちはいかがですか」と型通りの質問をして、VTRできのうの試合をハイライトで振り返り、それぞれの選手がコメントしたのだが、愉快だったのはキャッチャーの我妻選手だった。最終回の7回裏2アウトで「最後のキャッチャーフライでしたよね。どんな思いで捕りましたか」と聞く羽鳥に、笑いながら答えた。

「いやあ、もう、ボールが上がった瞬間、これ落としたら、どうなるんだろうと。みんなが走ってくるのも見えたし、絶対に落とせないと必死で捕りました」

   羽鳥「上空のボールを見ながら、目の端には、おお、(勝ったと確信して)みんな来てる、来てるって...」

   ここで長嶋一茂(スポーツキャスター)が、「初回の本塁の交錯プレーにはドキドキしましたよ。絶対に点を取らせないという闘志が現れていましたが、ケガも心配で」と上野選手に聞く。冷静に対処できたという上野選手の説明に、さらに質問しようともごもご言っていると、羽鳥に「きょうは、ありがとうございました」と中継を切られてしまった。

   「もっと話したかったのに」と不満そうな一茂だったが、どうやら朝のワイドショー間でインタビュー時間の割り振りが決められていたようで、「モーニングショー」の出演が終わった瞬間に、フジテレビ系「めざまし8」に同じ中継画面が映った。モーニングショーは約10分間、「めざまし」は約5分間。テレビ朝日が勝った。

(カズキ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中