2021年 9月 22日 (水)

危険な状態なのに「入院先が見つからない」 「モーニングショー」が伝えた緊迫映像

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「東京都できのう(2021年8月23日)、新型コロナウイルスに感染した50代の男性が亡くなりました。こちらは訪問診療を行うクリニックが撮影した男性の映像です。『緊急搬送の実情を伝えたい』というご遺族の了承を得て、放送させていただきます」と司会の羽鳥慎一が伝えた。

  • 入院先の確保が困難な状況に(画像はイメージ)
    入院先の確保が困難な状況に(画像はイメージ)
  • 入院先の確保が困難な状況に(画像はイメージ)

「救急車は帰っちゃったの?」

   24日の「モーニングショー」が放送した映像は、在宅医療専門クリニック「ひなた在宅クリニック山王」のスタッフらが撮影したもの。都内に住む会社員男性(55)の様子や医師とのやりとりが映っている。編集前の映像は3時間にも及んでいたという。

   20日金曜日16時、都内のマンション。室内には男性が横たわっている。男性は1型糖尿病の基礎疾患があり12日に陽性が判明。集中治療室での治療が必要な状態にまで悪化していたが、搬送先がなかなか見つからず、自宅療養を続けざるを得ない状況に置かれていた。

   クリニック院長の田代和馬医師が「救急車は帰っちゃったの?」と問いかけると、男性は「車が...搬送先がないって...」と苦しそうに答える。男性はインスリンの注射が必須だが、食欲がなかったためインスリンの注射を中断。それで合併症をおこしてしまったのだ。

   男性の血中酸素飽和度は90%を切る時もあり、命の危険があると診断した田代医師。受け入れ可能な病院を必死で探す。

   田代医師らの到着から1時間後、ようやく受け入れ先が見つかるが、駆け付けた救急車に乗せたその時、その病院から「バイタルが低すぎるので救命対応は無理だ」と断られてしまう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中