2022年 11月 26日 (土)

地元ヨコハマの菅側近「カジノ動き出したらおやじに1000万円」市長選惨敗でパー!――ほか5編

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

自民党総裁の争点は「二階おろし」自民党内で動き出した副総裁にしてお払い箱

   次はバカ息子2人。二階俊博幹事長が自公幹部ら5人で会食していたのは8月17日の昼だった。世論の批判を浴びたが、その二階の次男・直哉(49)もその日の夜、銀座の会員制クラブで深夜まで酒を呑んでいたと、週刊文春が報じている。

   彼は現在、コンサルタント会社を経営しているそうだから、一民間人かというとそうではないらしい。3人の兄弟の中で一番政治向きだと二階が目をかけていて、二階が経済産業相の時、直哉を大臣秘書官に抜擢したことがあったという。二階が主催した大訪中団にも同行していたそうだ。

   息子は政治家にはならないと文春に答えているが、オヤジは「緊急事態宣言の中、極めて不適切な行為」だと文春に回答している。この親にしてこの息子あり。

   菅の最側近、林幹雄幹事長代理は引退して長男の千葉県議、幹人(47)に譲りたいと考えているそうだが、このボンボン、妻子がいるのにスナックを経営する女性との不倫がやめられない。後援会幹部が探偵事務所に調査を依頼したら、不倫の現場写真が続々でてきたという。

   そこで幹部は林に、「幹人に任せるなんて言ったら選挙出来ねぇぞ。危ねぇぞ」と、世襲に大反対したというのだ。やはりバカ息子は隣の火事より恐いな。

   ところで、総裁選が9月17日告示、29日投開票と決まった。コロナ対策に有効な手を打てず、支持率は危険水域をはるかに超えた25.8%(ANNの21、22日の世論調査)にまで落ちた。

   こんな菅で衆院選は戦えないと思うのが普通だが、二階は早々に菅支持をいい出し、石破茂もコロナ禍を理由に不出馬を表明してしまった。安倍前首相と麻生太郎は、操り人形の菅でとりあえずいくが、その代わり、二階を幹事長から降ろして副総裁という名前だけに祭り上げてしまえ、と要求しているといわれる。歴史観も国家観もない連中の寄り集まりだから今さら嘆いても詮無いが、日本の行く末がこれでいいのかと思いたくなる。

   アメリカ・ボストン大学のアンドリュー・ベースビッチ名誉教授が朝日新聞(8月25日付)で、バイデン大統領のアフガン撤退について述べている中で、「民主主義国家ですから、責任は国民にあります。(アフガン=筆者注)戦争が長引いたのも、国民が許容できると考えたからです」と、国民の責任を指摘している。

   ポスト菅も、岸田文雄、小池百合子、高市早苗、河野太郎、小泉進次郎......こんな連中しかいないのも、我々の責任なのだ。すぐに始めなくてはいけないのは、政治家を育てることである。迂遠のようだが、そこからしかこの国を変えることはできはしない。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中