2021年 10月 20日 (水)

一転、勢力増した台風14号、18日にかけて列島横断! 活発な雨雲で上陸前から大雨に

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   温帯低気圧になって勢力を弱めると見せていた台風14号が急変した。きょう17日(2021年9月)午後に北九州に台風のまま上陸した後、大暴れしながら西日本・東日本を横断しそうだ。気象防災キャスターの天達武史が最新情報を伝えた。

  • 大雨には早めの備えが必要(写真はイメージ)
    大雨には早めの備えが必要(写真はイメージ)
  • 大雨には早めの備えが必要(写真はイメージ)

通過後も雨が続く

   天達「台風14号はコンパクトなので、接近してくると急に雨風が強まります。一方で、アウターバンドという活発な雨雲をともなっていて、離れたところで大雨を降らせます。台風が来る8時間前ぐらいに、もう一つのピークがあると思ってください。西日本でも、いまから警戒が必要です」

   風雨のピークはいつごろか。大阪はあす18日午前1時ころ、名古屋は午前4時、東京はあさって19日午前3時ころだ。最大雨量は大阪200ミリ、名古屋250ミリ、東京120ミリと予想されている。東海・関東を通過した後、やっと温帯低気圧になると見られる。

   天達「ただ、この台風は通過した後も雨が続きますから、さらに雨量は多くなりそうです。鉄道は計画運休を予定しています。早めの備えや避難、早いご帰宅をお願いします」

   日本周辺の海水温が高いため、日本に接近・上陸した後も勢力が衰えないのだという。

(カズキ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中