2021年 10月 23日 (土)

とろサーモン久保田の部屋に一同驚愕 太っ腹対応で好感度アップ?

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   <かまいたちのいただきハウス(テレビ朝日系)>かまいたちと王林のバラエティ特番。家に悩みを持つ依頼者のため、3人が有名人の家を巡り、不要なものをいただき、それらを使ってリフォームし、悩みを解決するもの。有名人のお宅訪問番組とリフォーム番組を合わせた、いいとこどりの企画。

   今回(2021年9月18日)の依頼者は売れないお笑いコンビ「かぎしっぽ」のれおてぃ。15年前に母が亡くなり、男手ひとつで支えてくれた父親に恩返しがしたい、と依頼。「床に置いているテレビが見づらいので、テレビ台が欲しい」とか、「高さの調整ができる椅子が欲しい」「毎日しゃぶしゃぶを食べる父のために土鍋と冷凍した肉を解凍できる電子レンジが欲しい」などと希望を述べ、それを叶えるべく、調達に出掛ける。

  • テレビ朝日サイトの「かまいたちのいただきハウス」番組ページより
    テレビ朝日サイトの「かまいたちのいただきハウス」番組ページより
  • テレビ朝日サイトの「かまいたちのいただきハウス」番組ページより

電子レンジもオシャレ

   最初に訪れたのは、「監督経験もある元プロ野球選手」の豪邸。ドアを開けて出てきたのはラミレスだった。ラミレス夫妻は気前がよく、テレビやシアターシステム、スピーカー、電動リクライニングソファなど、使っていないから、とポンポンとくれる。

   さらに、父親が世界的ホテルグループの重役というお嬢さまタレントのコルファー・ジュリア宅でもあれこれ調達し、最後、電子レンジ狙いで、多少の無理を言える人ということで、かまいたちの4年先輩のとろサーモン久保田の家に。久保田のイメージとはまったく正反対おしゃれな部屋に一同驚愕。電子レンジもバルミューダのお洒落なもの。まだ10回も使っていないというのに、それを渡し、太っ腹なところを見せた。上沼恵美子の一件以来、下がりっぱなしの好感度も少し上がったのではないだろうか。

   いただきもので改造した部屋に依頼人の父も大喜び。めでたしめでたしではあったが、番組自体、テレビを使った「追いはぎ」みたいでモヤモヤが残る。ナレーターのもう中学生は独特の味があってよかった。

(大熊猫)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中